LTV改善通信

~仕事と恋愛、地方とお金のまとめ~今よりちょっとだけ生活を豊かにするためのブログ

「公務員になるのがいいのかも」仕事の壁にぶつかったある人物の苦悩

就職して仕事を始めると「自分には無理」と思うことが増えます。

 

理想と違う。

全然できない。

周りに申し訳ない。

 

そう考えていくと「転職」に思い至る人もいるでしょう。

今回はそんな壁にぶつかったある人の話です。

 

後半では公務員についての調査結果を紹介します。

 


 

広告


バイトすら出来ないのに正社員でやってけるわけなくね?

1: 名無しさん@おーぷん 2019/03/30(土)09:45:51 id:n53
学生の頃のバイト
接客→笑顔不可、仕事覚えられない
飲食→仕事覚えられない、何かしらミスるがメモできないからオワタ
イベントスタッフ→指示を理解できない
工場→指示を理解できない
全てダメだった

正社員になって主に事務職なんだが、今までで一番難易度高い...
逃げ場がないし、仕事覚えられない、指示理解できないのコンプ状態
たまに営業もあるが、事務が攻略出来てないのに営業なんかに時間割けず、いつも取れない

高齢者が多い職場だから結構甘めに見てくれてるのと、学歴に疎いというか高学歴は社会を引っ張っていく存在だみたいな印象持ってるから
幸い首にならずにすんでる

この仕事辞めたらなんの仕事すればいいのかわからん
最底辺職の介護職はやりたくないがそもそも無理なのが目に見えてる
老人の会話を聞き取らなきゃいけない、老人と知識のバトル?まぁ知識が足りんからクレームに繋がる
なに考えても見つからない

公務員になるのがサクッとししてエエかもしれんが、結局絶望的な人生なんだが

元スレ


受講者満足度も90%以上のプログラミングスクール【WebCampPRO】  


それだけダメなら公務員の方が地獄だろ

4: 名無しさん@おーぷん 2019/03/30(土)10:05:08 ID:3Zx
流れ作業的な単純仕事が向いてるんじゃね?
それだけをひたすらやってればいいみたいな

 

6: 名無しさん@おーぷん 2019/03/30(土)10:20:27 id:aVw
今の職場を攻略するなら、上司にその内容を胸襟を開いて相談することだね
そんで現在のその問題に対してサポートと成長をより細かく支援してもらう

別の職場で目指すならいろいろやってみて適正の合うものを見つけるしか無い
こっちは完全に数の勝負だね
とにかく徹底的に数を試してみるしか無い

 

8: 名無しさん@おーぷん 2019/03/30(土)12:21:10 id:hEc
スムーズな高学歴アッピル

 

10: 名無しさん@おーぷん 2019/03/30(土)13:02:09 ID:00J
それだけダメなら公務員の方が地獄だろ
今の職場でついていくための努力した方が良い

 

11: 名無しさん@おーぷん 2019/03/30(土)15:33:40 ID:16H
公務員は試験と採用は違うぞ

コネあんの?

 

12: 名無しさん@おーぷん 2019/03/30(土)19:13:58 id:Y0u
コンビニバイトって正社員様は出来るんかねぇ
休みなしやら昼夜連勤やらを

 


夢を見つけて現実にする方法


公務員合格者の半数以上は定年まで勤務する予定がない

f:id:chihososei:20190404221342j:plain



公務員合格者に関する調査を人事院が行っています。

その結果を簡単にまとめると、

  • 合格者の志望理由の7割は「公共のために仕事ができる」
  • 合格者の4割は民間企業にも内定していた
  • 国家公務員として定年まで勤めたい人は46.6%
  • 事務次官級までの出世意欲があった人は2割くらい
  • 活かしたい能力で最も回答数が多かったのは「コミュニケーション能力」

といった結果が出てきます。

定年まで勤めたい人が半数以下っていうのは驚きの結果かもしれません。

安定しているのが人気の理由に思われる公務員。

しかし意外とそう思って志望している人は少ないのかもしれませんね。

 

今回の話では、正社員が難しいので公務員といった考え方もあったようですが、4割もの人が民間企業にも内定していたすれば、そう甘い話でもないように感じます。

 

職業選択は誰でも悩むものですし、考えていく中で自分には何もできないと感じてしまうこともあるでしょう。

ただ自分に向いている仕事かどうかなんてやってみて初めて分かることがほとんどです。

 

苦しい状況をすぐにでも変えたいと思うのは普通のこと。

でもそう簡単に変えられるほど世の中は単純じゃありません。

焦って踏み込んだ場所が自分にとって新たな地獄というのも珍しい話じゃないです。

 

だからこそ一度落ち着いて、自分にとってのベストを冷静に考えてみるのが良いでしょう。

もちろん誰かに相談してみるのも一つの手です。


大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo


画像元:pakutaso