LTV改善通信

~仕事と恋愛、地方とお金のまとめ~今よりちょっとだけ生活を豊かにするためのブログ

今”高校生”が「お小遣いを自分で稼ぐ時代」に田舎に必要な考え方

今回は、地方とか田舎では切実な「高校生のお小遣い稼ぎ」についての話題です。

なお、今回から、広告の位置をちょっといじってます。

どっちがいいかは微妙なんですけどね(笑)

 

----広告----

 


--------------

 

高校生がスマホでお小遣いを稼ぐ方法、1位は?

 

パソコンどこからスマホ一つでお金を稼げる時代なんで、それで高校生がお小遣いを稼いでいても何も不思議がないんですね。

むしろ、これからの時代って、個人がいかに自分でお金を稼げるかみたいなところもありますし。

 

高校生社長なんて人たちが珍しくなくなってきていることもあって、こういう高校生も自分でお金を稼ぐっていう動きは今後どんどん増えていくんじゃないかって思います。

 

ちなみに高校生社長って、若さでびっくりされているところがあるんですけど、その経営手腕自体はけっこう本物で、地方とか田舎とかの経営者よりもよっぽど経営能力あるので、とくにいつまで経っても古いだけの経営にしがみついて、うだつの上がらない会社経営をしている経営者は頭を下げてでも学ばせてもらった方がいいと思います。

 

高校生社長って人たちは経営能力だけじゃなくて、やっている事業が今の時代だからこそのビジネスだったり、将来を見越したビジネスだったりするんで、その辺りもかなり勉強になると思います。

 

ところで、この高校生のお小遣い稼ぎの方法ですけど

 

・アンケート回答

・ポイントサイト

・動画を見る

・ゲーム要素のあるもの

 

みたいなのが多いようです。

中にはブログで稼いでいる高校生とかもいるかもしれないですし、メルカリやAmazonせどりをしている人もいるかもしれないです。

 

とくにブログとかせどりは、主婦や社会人が副業として月に10数万円から数百万稼ぐものでもあるので、高校生からしてみれば、かなり魅力的な話かもしれません。

 

ただ、こういった話がある中で、JKビジネスのような子どもを食い物にしたいかがわしいだけのビジネスと呼べないような金稼ぎもあるので、それには気をつけたいところです。

 

しかし、こういった話は一方的に話されてしまいがちなんですけど、こういう金稼ぎが存在するってことは、JK…いわゆる女子高生側の金銭事情に苦しさがあるってことの裏返しでもあるので、それについては真剣に考えたいものです。

 

地方とか田舎だと、大人もお金がないって状態なんですけど、それなら子どもはもっとお金がない場合が多いわけです。

地方とか田舎とかでも高校生のアルバイトはありますけど、なぜか夏休みとか長期休業の間だけだったり、会社側が都合のいい労働力として、同じ仕事をさせるにもかかわらず、最低賃金のような安い金でこき使ったりするわけです。

 

こういうお金に苦しい状況があれば、楽に大金を稼げるといった話には、誘い込まれやすくなるのも無理からぬことです。

地方とか田舎とかって、お金稼ぎに不寛容な人とかも少なくないんですけど、お金がろくに稼げないからこそ捨てられるわけです。

だからこそ、地方とか田舎とかこそ、お金を稼ぐってことについて、情報を集めたり、勉強したりして、正しい知識を持って臨まないとダメなんですね。

 

お金がないと生活なんてできないんですから。

 

お金を稼げず貧乏で不自由な生活をして、苦しみ続けますか?

お金を稼いで、裕福で自由な生活をして、楽しく生きていきますか?

 

選ぶのはあなた自身です。

 

住んでいるところとか年齢とか関係なく、お金を稼ぐ手段は、今はたくさんあるんです。

 

----広告/strong>----