LTV改善通信

~仕事と恋愛、地方とお金のまとめ~今よりちょっとだけ生活を豊かにするためのブログ

基本を応用して1年で20億円売上を増やした飲食店の考え方

----広告----

 


--------------

 

今回は飲食店大不況の中でもしっかり稼いでいる話題の会社の話です。

 

いきなり!ステーキ、吉野家、日高屋の「儲け方」はどう違うか

 

やっぱり田舎にはあまり関係ない店なんですけど、今話題のステーキ店ですね。

この記事は、少しだけ理論的に書かれているので、基本的なところを押さえるにはいいかもしれないです。

 

この記事で言いたいのは、原価率、販管費、利益を店の種類に合わせてちゃんと考えているかってところですね。

もうからないもうからないと言いながら、こういう最低限のところをちゃんと計算しているところってあんがい少なくて、それを改善しただけでも店の状態がグッと良くなったって話はけっこう多いのが現実です。

 

当たり前の話なんですけど、いくら売上が伸びたところで、利益が増えないと何の意味もないので、お客さんを増やそうってよく言う人が多いんですけど、大事なのはそこじゃないってことは、実はけっこうあります。

 

とくに田舎なんかは、来客数がそんなに見込めないので、この数字で店を見るってのは絶対にしないとダメなことです。

利益さえ増やせれば、お客さんを増やす新しい施策を試しやすくなるんで、まずは利益を出すこと考える。

 

お客さんを増やそうとするときも、それでコストばかりがどんどん増えるなら意味がないってことは分かっていないといけないんですね。

 

これは、お客さんを増やすことだけじゃなくて、従業員を増やすことについても同じで、従業員を増やすにあたって、利益がどれくらい増えるのか、これをある程度分かっていないと増やしちゃいけないんです。

 

なんとなく忙しくてとか、なんとなく人手が足りない気がしてとか、そういう人の雇い方は一番しちゃいけないことです。

 

会社経営は、ビジネスなんです。ままごとあそびじゃありません。

もう少し人がいればいいなあなんて感覚で人を増やしたところで、誰もが不幸になるだけです。

 

飲食店でも会社でも、ビジネスをしているっていう意識をしっかり持って、ビジネスを大きくするためにひたすら情報を集めたり、勉強したりするのが、経営者はもちろん、従業員一人一人の義務なんです。

 

情報を集めて使って、勉強して実践して、よりたくさん稼いで会社を大きくして幸せになりますか?

何もしないで、今のままなまけて借金だけ増やして、不幸になりますか?

 

選ぶのあなた自身です。

 

情報を集めるだけでも、勉強するだけでも、今よりずっと状況は良くなるんです。

1ヶ月で10万20万100万売上が増えて利益も増えるっていうのは、そんなに非現実的な話じゃありません。

やるか、やらないか、ただそれだけなんです。

----広告/strong>----