LTV改善通信

~仕事と恋愛、地方とお金のまとめ~今よりちょっとだけ生活を豊かにするためのブログ

ワイルドな男になりたいから山でヒルを食べてきた


ワイルドな男に憧れる人は多いでしょう。

今回はヒルさえ食べてしまうほどワイルドな男の話です。

どれだけワイルドなのかぜひ確かめてください!



ワイルドな漢になりたくて、カメ五郎さんとヒル食いに山行ってきたバカだけど【後編】

1: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/21(木)19:39:32 id:IYg
去年の夏にカメさん(https://twitter.com/kamegorou2525)と山行ってきた話の続きなんだぜ!

前編:ワイルドな漢になりたくて、カメ五郎さんとヒル食いに山行ってきたバカだけど【前編】

【日本で中古の安い小型船舶を探しています】
大まかな条件:

・期間は4月ごろから半年程度で、終了後は船を元の持ち主に返すか、必要なければ売るか処分する予定
・出発地点は船を買った場所で、そこから日本を一周する予定

詳細:https://youtu.be/ZwrH9jzbqZs


Youtube動画だけど、チャンネル登録者数10人とかで広告付くのには程遠いから、安心してクリックしてくれて大丈夫だ

おれの声変だし、見ての通りすごく残念な出来の動画なんだけど、
見てくれた人からアドバイスをたくさん貰って、海外の野宿冒険を始めるまでにはまともなクオリティにして現地の映像が共有できるようにしたい

元スレ
※画像は元スレを見てください。



分から寄ってくるヒルが食べられれば、食糧難の際も有力な食材になるんじゃないか、検証しよう

4: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)20:07:17 id:FAC
>>1
youtube見た!


冒険って儲かるんかな

6: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/21(木)20:23:23 id:IYg
>>2
ありがとう、楽しみにしてくれてる人がいるって、すごく励みになる!
冒険は誰も見てなくても絶対やるけど、「おーぷんに貼る用であと1枚写真撮っとこうかな…」とかそういうモチベーションになるわ

>>4
序盤は動画の方向性定まらなくて迷走するだろうし黒歴史確定なんだよなあ…
冒険家は儲かる前に死ぬんじゃないですかねえ…(名推理)
探検作家と呼ばれている人たちが一番賢くてコスパの良い立場だと思う

エベレストに何回も登る為に講演会やりまくって何億円も集めた人もいたけど、おれはそういう方向でやるつもりはないしな…

>>5
マイペースで申し訳ないけど投稿していく

7: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)20:30:43 id:FAC
>>6
返事ありがと

なんの職業でも先行きが不透明な時代
ある意味みんな人生の冒険家になってるんかもねw

9: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/21(木)21:09:22 id:IYg
>>7
絵うまい!

それは思うな
いまの時代って、昔ほど常識ってものがはっきりしてない気がするから、何が正解とか分からないし

自分で自分の道を選ぶのが大事

12: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)22:04:18 id:FIa
>>1
学歴は?

15: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/21(木)23:12:43 id:IYg
>>12
F欄国立なんだよなあ…
ふつうにバカだぞおれは

>>13
そうそう、こんな機会逃したら二度とこないかもしれないし

>>14
あぁ、おつまみって感じだったからそんな大きいのは食べてないな
それも含めて書くよ

2: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)19:48:54 id:SI7
待ってました!更新楽しみ

3: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/21(木)19:58:32 id:IYg
朝、5:30
地面に敷かれた鹿の毛皮と羊の毛皮の上で起床
意外と寝心地がよかったから、7時間ほど熟睡することができた

そのまま火を焚き、朝食スープ(昨日のあまり)を煮込む

スープは黄色っぽくて、何故かカレーみたいに見えた

おれ「カメさん、これ、めちゃくちゃカレーっぽくないですか…?」
カメさん「だね」
おれ「せっかくなんでおれが持ってきたクミン入れます…?」
カメさん「よし入れよう」

という訳でクミンを入れると、まさにカレーのような見た目と匂いのどろっとしたスープが出来上がった

旨そうだ!!

8: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/21(木)20:39:47 id:IYg
というわけで実食!

塩とクミンしか使っていないにもかかわらず、キノコが溶け込んだスープはとても濃厚な味のスープになっていた

シカ肉はやっぱり美味しい
スーパーで売っている牛肉などと比べると少し硬いが、肉の味がしっかりしているし、臭みもなかった
カメルーンで食べた鹿は臭みやクセがかなり強かったので、臭みの無さはカメさんの手腕によるものだろう

そして、アカヤマドリタケの茎?の部分を食べてみる

しっかりとした歯ごたえがあり、茎自体の味はほとんどないものの、腹の足しにはなりそうだった

おれは茎より笠の方が好きだったけど、カメ五郎さんは茎の方が好きらしい
ちなみに笠はとろっとしていてふわふわで、みそ汁に入っている麩のような食感だ


そして腹ごしらえをして、片づけをしてからいよいよヒル採取に出発!!

忘れている人がほとんどだとは思うけど、今回の目的はヒルを食べる事だ

自分から寄ってくるヒルが食べられれば、食糧難の際も有力な食材になるんじゃないか、検証しよう、という流れでおれとカメさんはこの西丹沢へ来ていた

10: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)21:18:37 id:Hn9
人生はアドベンチャー

ってマッサンで言ってたね^_^

20: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/22(金)18:06:39 id:v3y
>>10
そうだな、自分が持ってるもの使って生き残っていかないと!

>>16
おれも10年くらい前は潔癖だったんだけどなあ…
食べ物で一回でもハエが止まった部分は捨ててたわ
今じゃ逆に理解できないけど笑

>>18
ありがとう

>>19
楽しいコンテンツが共有できるよう頑張るよ!

11: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/21(木)22:02:32 id:IYg
車に乗って、昨日ヒルを見かけたところ(前編でキノコ採取をしたところ)に到着

すぐに山に入ってヒル探しを始めたが、昨日よりも地面が乾燥したので、入り口の近くにはヒルが全くいなかった

おれ「昨日はもうこの辺にはヒル、いましたよね?」
カメさん「そうだね、もっと奥のジメジメしたところにしかいないかな、今日は」

…もう少し奥まで進まないとヒルには会えないらしい

というわけでカメさんと奥に進もうとした時、草むらから飛び跳ねる小さい虫が目に入ったので、ゆっくりとしゃがんで捕まえる

バッタだ!!

体長3センチ、直径は8mmくらいだろうか

これは、貴重なタンパク源というやつだ!!
というわけで、

おれ「いただきます!!」


13: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)22:45:54 ID:5YE
>>11
うーん、この速攻
冒険家は即断即決重要ね

14: イチゴショート◆MVCODOWqu6XV 2019/02/21(木)22:48:27 ID:7Vs
田舎民だけど食べれるほどデカイヒルは見たことないなあ
どデカイナメクジは結構居たけど

16: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)23:21:33 ID:5YE
ヒルがおつまみとか世界が違いすぎる・・・

17: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/21(木)23:29:17 id:IYg
めんまだ書き始めたばかりだけど眠すぎるからケムリクサ見て寝る
明日19時ごろに帰宅して、それからかな更新するのは

21: 名無しさん@おーぷん 2019/02/22(金)19:18:02 id:xvr
まとめサイトにまとめられるよりユーチューバーとして本格的にやっていったほうがいいと思う
イッチのまとめ記事アンチコメントしかないよ......楽しみに見てるほうもいい気分しない
動画見たけど、声は普通にイケボだから自信もっていいと思う
顔だしもしたくないんだろけど、充分カッコいいんだからもったいない
むしろあの顔だけ隠してるのは構図は逆に胡散臭い気がする
ということで頑張ってくれ

23: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/22(金)19:49:34 id:Uc8
>>21
批判的なコメばかりになってることについて、楽しみにしてくれてる人には本気で申し訳ないと思ってる
おれの力不足だわ

ただ、Youtubeもそれなりになってきたら絶対批判的なコメントで埋め尽くされると思うぞ…
「動物x冒険」、これは今おれがやってることだけど、両方とも叩かれる要素有りすぎるんだよなあ…
でもおれは自分に嘘つかずに自分の大事なもの大事にしつつ、できるだけ周りや動物が嫌な思いしないように最大限配慮してるつもりだ

その動画、最初は顔出しで撮ってたんだけど、編集で音を上げてしまったんだぜ!
自分が喋ってるとこ何回も見直して編集するとかよほど自分の事好きじゃないと無理だろ…
動画上げまくってれば慣れるのかもしれないけど、少なくともこの前は苦行過ぎたから全削除して声だけにしたという

まあ今後、勇気が出そうなら、顔も出すよ

25: 名無しさん@おーぷん 2019/02/22(金)19:56:23 id:xvr
>>23
まとめ民は嫌儲が多いからアンチが多いんだと思う
あそこ宣伝行為には敏感だからね
youtubeなら文化的に宣伝収益投げ銭なんかが比較的寛容だから、まとめほどアンチは湧かないと思うよ

30: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/22(金)21:00:55 id:Uc8
>>25
なるほどなあ…
まとめサイトも広告で稼いでるからYoutubeと一緒じゃ…って思うけど、そういうもんなのか

おれおーぷん2chとまとめ管理人さんに世話になりまくってるみたいなとこあるから、今までまとめてくれてた管理人さんがまとめなくなるまではおーぷん続けたいなあ

>>26
彡(^)(^)「ありがとうやで!!」

>>27
ありがとう!
動画をどのぐらい頑張るかは需要に応じて決める予定だから、そう言ってもらえると嬉しい!

アイコンのイラストはイケメンに描かれてるからむしろそれはそれで恥ずかしいわw
なんか顔出して喋るのは非常に恥ずかしいんだけど、胡散臭いのはもっとダメだなあ…

顔出し躊躇するとかダメだなあ、冒険家なのにw

>>28
そうそう、去年の対談の時にやりましょって流れで実現した話なんだぜ!

24: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/22(金)19:50:57 id:Uc8
>>21
具体的なアドバイスほんとありがとう!

22: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/22(金)19:36:41 id:Uc8
まずはバッタの後ろ足を取る
ここまではバッタを食べる時は皆通る道…らしい

おれ「カメさんって、確かバッタ食べる時は羽取る派なんですよね?」
カメさん「そうだね」
おれ「おれバッタ食うの初めてなんですが、取らない派にしようと思うんでそのまま行きますね!」

補足しておくと、野生のバッタを生で食べる際には羽を取る派と取らない派が存在する(カメさん談)
とりあえず取らない派の人口を増やそうということでそのままバッタを口に入れる

その瞬間、おれの口の中にはクリーミーなコクが広がった

おれ「!! カメさん! これ全然バッタっぽくないですね! 」

例えるなら何だろうか
食感としては柔らかいクリームチーズの欠片を食べているのに近いかもしれない
素朴な甘みがあり、バッタであるということを考えなければ美味しいといえた
昨日のアカヤマドリタケもそうだったが、日本の山には美味しい食材がたくさんあるようだ

ただし、羽の部分だけはなかなか細かくならず、口の中に残り続けた
カメさんが羽を取る派なのはこれが理由かもしれない

ちなみに、カメさんによるとバッタは焼くと赤くなってエビのようになるとのことだ
誇張無く美味しかったので、また機会があれば今度は焼きバッタも食べてみたいところだ

そして、さらに森の奥へと進んで行ったところでヒロハチチタケを発見
笠の裏側を傷つけると白い汁が出るキノコだ

その希少性などから高値で取引されているらしい

そんなこんなで、ようやくヒルが良そうなジメジメした場所に到着

できるだけ大きいヒルを数匹捕まえてから、ベースキャンプに戻る予定だ

26: 名無しさん@おーぷん 2019/02/22(金)20:05:41 id:LaC
彡(゚)(゚)「なんやこのスレ…」

彡(^)(^)「おもろいやんけ!」

27: 名無しさん@おーぷん 2019/02/22(金)20:32:22 id:jka
うおー待ってました!動画見た&登録もしたよ! 
GOさんええ声やんけ…
顔出し嫌ならイラストをお面にしてみてはどうだろう…?

アンチコメとか今後低評価ついても気にせず自分を貫き通してね
楽しみにしてるし応援してるから

28: 名無しさん@おーぷん 2019/02/22(金)20:34:10 id:jka
序盤のクミンでカレー風だ茸だで忘れてたけど、これ、蛭食べる話だったね…

29: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/22(金)20:46:48 id:Uc8
ジメジメしていそうな落ち葉溜まりを踏んで、しばらく待つ
ヒルがいればしばらくすると靴を上がってくるので、それを捕まえる作戦だ

初めは何も起こらなかったが、何度か場所を変えて試していると、ある場所でヒルの大襲撃に遭った
四方から、しゃく取り虫のような動きでヤマビルが靴へ集まってきた!
靴に到着したヒルはよどみない動きでおれのジーパンをぐんぐん登ってくる
※写真ぶれててごめん

小さいのは食べたところで味はないと考え枝を使って地面に落とすが、これがなかなか厄介だ
ヒルの噛みつく力は強く、枝で軽く払った程度では落ちない
靴やジーパンに本気で咬みついてしがみつくので一匹落とすにも時間がかかる
ようやく地面に落としたヒルも、おれやカメ五郎さんに位置を的確に把握してすぐに追ってくるので要注意だ

大きいヒルを何匹か選んでカメさんの飯盒に入れたものの、そうこうしている内に何匹ものヒルが足を登って来ていた
サイズは小さいものの、落としても落としても登って来て、まるでゾンビのようだ!

おれ「カメさん、これヤバくないですか!!」
カメさん「これ無理だね! とりあえずヒルは取れたし戻ろう!」

何とか大きいヒルだけ飯盒に入れ、ヒルをくっつけながらも走り、落ち葉だまりから離れる

乾いた土の上(ここならヒルはいない)でひっついたままのヒルを落とし、少し移動して一件落着…と思いきや、ここで夕立のどしゃ降りが始まった

カメさん「あぁこれ早く車に戻った方がいいね…! 雨が強いとヒルは上から落ちてきたりするから!」
おれ「えぇ…。なんですかそれ怖すぎるでしょ…! 分かりました!」

というわけで早々に撤退して車へ
夕立は天然のシャワーでもあるので、おれは手や爪の間にたまった汚れを綺麗にしながら帰還した

結局、捕まえられたヒルは5匹だった

31: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/22(金)22:35:01 id:Uc8

確認のために飯盒を開けると、中に入っていたヒルたちが一斉に出ようと動き始めた

おれ「カメさん! すいませんめっちゃ出てきますよ!」
カメさん「ああそうだ忘れてた。塩は…と」

カメさんは飯盒のふちに塩を軽く塗る
すると、ヒルたちは塩が塗られた場所よりも上へは絶対に行かないようだった
ナメクジと同じく体質的に塩が苦手なので、効果は抜群のようだった

時間をかけた割に思ったほどスムーズには集められなかったし、そもそも体長が1,2cm位で食材としてはかなり小さいが、ひとまず検証用としては十分だろう


…と、その時カメさんがズボンを捲りあげる

※ごめん、閲覧注意だ!


カメ五郎さんの足についていたヒルにも塩をかけ、撃退する
塩をかけてから3秒ほどでヒルは音を上げ、カメ五郎さんの足から口を離してぽとりと落ちた
ヒルの唾液には血液の凝固を妨げる成分が入っているので血はまだ少し出ていたが、しばらくすれば止まるだろう
おれも昨日はヒルに噛まれてしまったが、恐ろしい…

その後、雨が降る中、車のバックドアを上に上げて雨を凌ぎつつずぶ濡れの体を拭き、車に乗り込んでベースへと戻る
花火大会があったようで多少の渋滞はあったものの、あまり時間はかからず目的地に到着
昨日野宿したベースへ戻るべく、西丹沢の道なき道をまた進む


32: 名無しさん@おーぷん 2019/02/23(土)16:01:58 id:Iyp
冒険飯まとめたスレとか本とか読みたいな
GOさん検討してくれー

33: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/23(土)17:38:50 id:eJ2
>>32
いやそれが…
当時は生きるのに必死だったから、食事の資料や取材がそもそも不足しまくってるし実現しなさそうだなあ…

とはいえ食事についてはもっと詳しく知ってた方が冒険が楽しめるとも思うし、今後は余裕があれば写真撮ったり取材したり、色々やっていこうと思ってる

35: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/24(日)14:01:05 id:wiS
夕食用に昨日採取したキノコを確認していると、一部のキノコに大量の蛆が発生していたので酷いものだけ捨てることになった
キノコバエという種類のハエが卵を産み付けるらしい
もちろん全てのキノコに蛆は湧いていたが、特にひどいもの以外は夕食として食べることにした
昨日同様、蛆ごと食べればタンパク質も摂取出来てコスパが良いという判断だ

とはいえ、それでもまだまだ消費しきれない量だったので、余りは天日干しにして長期保存用にするとのことだ

さて、ベースに到着してすぐに火を起こし、ヒルをゆでることにした

飯盒を開けると、先ほど入れた塩の影響で5匹のヒルは全滅していた
縁に塗っていた塩が、運んでいる間に下に落ちてヒル接触してしまっていたようだ

まあ、どのみち食べる予定だったので塩味もついてちょうどいいだろう

茹で上がったヒルを木で作った箸で拾い上げ、カメ五郎さんは指で感触を確かめる

カメさん「堅いなぁ!」
おれ「まじですか…? おれも触らせてもらっていいですか?」

触ってみると、確かに堅い
カチカチではないが、強く押しても形を保つ程度のハードグミくらいの堅さはあった


これはどんな味がするんだろうか…と考えつつ、カメ五郎さんにヒルを返す

カメ五郎さんはそのヒルを少し眺めてから半分ほど口に入れた
しばらく噛んでから首を傾げ、残りの半分も口に入れ、噛みながら一言

「軟骨」

「いっや、嘘でしょさすがに」

大笑いしながらも、おれもヒルを飯盒からすくい上げて食べる

コリっとした食感、弾力
…こ、これは!

「軟骨ですねぇ…。ほかに思いつかないです…」

36: 名無しさん@おーぷん 2019/02/24(日)16:31:31 id:EBb
ついに蛭を口に…
寄生虫とか病気とか大丈夫なの…??

38: 1◆0sA8GVLJwJ07 2019/02/24(日)18:48:58 id:wiS
>>36
茹でても不活性にならない細菌なんて普通にいるし、火の温度も低く茹で時間も数分程度だったから、医学的観点からは「大丈夫じゃない」
でもおれもカメさんも腹痛等は一切なってないから検証した感想としては「大丈夫」なんだぜ!

>>37
ども


ワイルドな男は今モテない!しかし「ヒルを食べる」ほどの決断力があるならモテる可能性はある

dandasanPAS01636_TP_V

ワイルドな男性というとモテる印象を持つ人も多いでしょう。

「モテる男といえばワイルドな男」

こういう話はいつの時代もなくならないものです。
しかし本当にそうなのでしょうか?
「最近出てきた理想の男性像に『3低』と呼ばれる、低姿勢・低依存・低リスクがあります。今回の結果にあるように、ワイルドな印象の男性よりも“さわやか”で“上品”、また、着実に道を歩む安心感とそれでいて相手に依存しない“決断力のある”男性が現代の女性に求められているのではないでしょうか。」
出典:【Pairs恋愛トレンド調査2018発表】恋人募集中の独身人口の25%がPairsを利用! 冬休み中のマッチング率は1.3倍に
これはマッチングアプリのPairsによる調査を元にした分析です。

この調査では、男性がモテる要素として
  • さわやか
  • 上品
  • 決断力がある
が上位になりました。
この分析はその結果を踏まえて、背景を探った考察になっています。

この考察によれば、今の女性が求める男性像はワイルドとは対極にあるそうですね。

確かにワイルドさとさわやかさや上品さは対極にあるように感じられます。

ただ決断力はどうでしょうか?

今回取り上げた話のように、山でヒルを食べるみたいな話は強い決断力あってこそのものです。

さわやかさや上品さを持った男性には到底できない決断にも思えます。
確かに普通に生きていく場面でヒルを食べるなんて決断が求められる場面はないでしょう。

しかしいつ何が起こるか分からないのも事実です。

実際昨今は各地で大地震が起き、台風などによる被害でライフラインが止まることも珍しくありません。

そういったときに生きるために何でも食べる決断ができるのは強みといえるはずです。

そんな風に考えると、まだまだワイルドさも捨てたもんじゃなく、案外内心求めている女性は多いようにも感じられます。

最終的には好みの話ですが、まだまだワイルドさには需要があるといえるのではないでしょうか。



画像元:pakutaso