改革!地方創生地域活性化

家庭、地方やお金についての話題を中心に届けます

1700万円節約するためにこの出費を見直せ!老後貧乏にならないための節約成功術

最近の日本は貧困の話題が増えています。

とくに多いのが老後の貧困ですね。

 

低い賃金が当たり前。

年金もどんどん少なくなっていく。

なのに社会保障費や税金の負担は増える。

 

入るお金は減っていくのに、取られるお金は増えているわけです。

 

こうなると満足に貯金もできません。

年金はすずめの涙ですから、貯金がない老後は貧困になるしかないんですね。

 

あなたはどうでしょうか?

 

老後を考えたとき、生活は維持できそうでしょうか。

暮らしいけそうな見込みはあるでしょうか。

 

多分、不安な人が多いはずです。

そこで今回は「老後を楽にする、節約の考え方」を紹介しましょう。

 

老後からでも役立ちますし、今からやっておけば貯金も増やしやすくなります。

ぜひ参考にしてみてください。

----pr----

 


--------------

目次

f:id:chihososei:20180831185246j:plain

画像元

老後のお金を1700万円も節約する簡単な方法!これで老後貧乏から抜け出そう

zuuonline.com

 

あの滝川クリステルさんも驚いたっていう老後の節約術が書いてあります。

全部で5つの節約術が書いてあります。

その方法だけ紹介すると、

 

  • 情報収集の手段をインターネットに変える
  • 携帯電話の契約を見直す
  • 保険を見直す
  • 交際を見直す
  • 車を見直す

 

この5つです。

詳しい内容は記事の方に書いてありますので、ぜひ一度読んでみてください。

 

このブログでは、この中でもとくに重要な「情報収集の手段をインターネットに変える」について考えてみましょう。

ちなみに「携帯電話の契約を見直す」「保険を見直す」の2つは、昨日「驚愕のドケチ主婦節約術!そこから分かる節約成功のコツとは?」でも伝えたように、老後に限らず重要な節約ポイントなので、ぜひ昨日の記事も参考にしてみてください。

----pr----
億万長者を生み出す方法は本当にあるの? 驚きの真実とは
--------------

老後貧乏を作るのは新聞? 新聞を見直して節約を成功させよう!

老後の節約術でなんで「情報収集の手段をインターネットに変える」のが重要なのでしょうか。

 

答えは簡単です。

その方が出費を削れるからです。

 

たとえば主要紙の朝刊だけ契約していると、

新聞名 金額
朝日新聞 3093円
毎日新聞 3093円
産経新聞 3034円
読売新聞 3093円
日経新聞 4000円

これだけのお金が毎月かかります。

朝刊と夕刊の両方を取っていると、 

新聞名 金額
朝日新聞 4037円
毎日新聞 4037円
産経新聞 なし
読売新聞 4037円
日経新聞 4900円

これくらいのお金がかかります。

つまりたとえば朝日新聞を朝刊だけ取ったとき、年間36000円くらいの出費が出るんですね。

 

でも朝日新聞は完全に無料じゃないですけど、ネットだと無料で見られる記事も多いです。

これは日経新聞を除けばどこも同じです。

有料の記事と無料の記事にわけて電子配信しています。

 

ということは、あえて新聞を取らなくても、ある程度情報は収集できるんですね。

しかも新聞で取り上げられている話題は、意外と探せばどこかしらのメディアが似たような情報を出していたりします。

 

つまり有料の記事でも探すと案外無料で読める内容ってことが少なくありません。

 

なので必ずしもムダってわけじゃないですけど、ちょっと我慢すれば年間36000円ものお金は節約できるんです。

 

それだけじゃありません。

----pr----
全国どこからでも受けられる【1日10分の投資法】講座が登場!
--------------

老後貧乏にならないための節約成功術は本の買い方にある!

さきほどは新聞の話をしました。

実は本でも同じことがいえます。

 

たとえばAmazon Kindleを利用すれば、セールで様々な書籍がかなり割安で買えるようになるんですね。

中には0円で売っている本もあります。

 

Kindle unlimitedを使えば月額980円でかなりの本が読み放題になります。

本は1冊の値段で考えればあまり高くありません。

1000円~2000円くらいで買えるものばかりです。

けど年間で考えればかなりの金額になっているなんてことは、珍しくありません。

 

しかもたいていの人は、そのことに気付いてもいません。

1回1回の購入額をきちんとメモしている人はそんなにいないでしょう。

なので、知らず知らず多くのお金を使っちゃうんですね。

 

ところが先ほど紹介したサービスを使ったり、電子書籍に切り替えることで、そういった知らず知らずの大出費は防ぎやすくなります。

何せ使うお金が減るわけですから。

当然、よっぽど買いすぎなければ合計金額は下がります。

 

もちろん、クレジットカード を使って会計することで、家計簿をつけずに合計金額を知ることはできます。

これも節約術の一つに違いありません。

 

ただ使うお金を減らせるわけじゃないので、どうせならクレジットカード だけを使うよりも組み合わせて考えたいものです。

----pr----

--------------

老後までに100万円を貯める節約術!楽して貯めるのがコツなわけ

今回は新聞や本のような情報収集の手段の節約術を紹介しました。

これだけを節約してもたかが知れると思うかもしれません。

 

でも「チリも積もれば山となる」というように、意外とこれらの出費もバカにできません。

 

だいいち新聞を節約するだけで年間3万円以上もの節約ができるのです。

本の出費と合わせれば5万円くらい節約できる可能性はあるでしょう。

 

たとえばこれを40歳から定年退職する60歳まで続けたとすれば、それだけで100万円もの老後資金ができるんです。

 

しかも一般的な食費・水道光熱費の節約と違って、無理がありません。

意識して節約したり、強迫的に我慢する必要はないんです。

 

こういう楽な節約術はやっていても苦痛を感じないので、やらない手はないでしょう。

ぜひこれを参考にして試してみてください!

----pr----

--------------

ここまでの内容が何かしら役にたったら、下の各種ボタンのクリックとかシェアしてもらえると嬉しいです!

Twitterの方(https://twitter.com/408Fun)でも情報発信を強化していくつもりなんで、そちらのフォローもお願いします!?

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

--------------

★今ぜひ読んで欲しい記事★

 

www.change-local.com----pr----

 


--------------