改革!地方創生地域活性化

地方創生・地域活性化・飲食業界・ブラック企業・稼ぎ方・儲け方とかについて書いてきます

週休3日で毎月50万円以上稼ぐ!「努力教信仰」より「働かない工夫」の方が儲かります

毎日仕事に追われて、家に帰ったら疲れて何もやる気が出ない。

 

こんな経験って誰にでもありますよね?

 

「自分は何でこんなに働いているんだろう」

「こんなに仕事して何か意味はあるのかな」

「仕事するだけの人生に価値ってないんじゃないか」

 

こういう疑問を持った経験もあるかもしれません。

 

でも、お金を稼ぐためには働かないとならないんですよね。

自分の生活を保つため、家族を守るため、私たちは働かないといけません。

 

でも、本当にそうなんでしょうか?

疲れるほど働かなければお金は稼げないんでしょうか。

 

その疑問の答えを一緒に考えて見ませんか?

----pr----

 


--------------

目次

f:id:chihososei:20180809184325j:plain

画像元

週休3日で毎月50万円以上を稼ぐ飲食店のコツは「より働かない工夫」

hbol.jp

 

より働かない工夫をすると、いざというときに稼げる方法が手に入る。

 

「そんなわけがない」って思いますよね。

「言っていることが分からない」って人もいるかもしれません。

 

これはとある飲食店を経営している人の話なんですが、驚くことにこの店主は競争が激しい飲食業で、週休3日で毎月50万円~70万円を稼いでいました。

手元に残るお金は17万円~25万円って話ですけど、普段がむしゃらに働いてそれくらいのお金を稼いでいる人にとってうらやましい話に違いありません。

 

何せ、週休3日でお店の営業時間以外は自由。

そのお店での仕事の仕方も自分次第で自由なわけです。

 

でも、こんな話を聞くと

 

「その人がとびきり優秀だっただけ」

「自分には縁のない別世界の話」

 

こう考えますよね?

ところが、そうじゃないんです。

----pr----
複業アフィリエイトで安定収益を自動的に作るための6つの本質的な方法がコチラ
--------------

週休3日でも稼げた秘訣は楽をする工夫?「努力教」に取り憑かれた人は稼げない

メニューが減った分、仕入れがシンプルになって減価率が下がり、利益率も上がった。そうして14年間かけてメニューをどんどんシンプルにした結果、仕込みは平均45分くらいになった。開店時間が18時なので、17時に店に行けばいいのである。店は24時に閉め、なるべく25時過ぎには家で寝るように試みた。すると朝7時か8時には起きるので、週4日の営業日でも朝から夕方までは自由時間になる。

引用:より「働かない」工夫をすれば、「いざという時に儲ける術」も得ることができる!? | ハーバービジネスオンライン | ページ 2

 

この店主が、週休3日で一定の稼ぎを手にできていたのは、仕事を減らしたからなんです。

どういうことかっていうと、余分な仕事をどんどん削って、仕事の負担やコストをカットすることで、稼ぎやすい状況を作ったんですね。

 

しかもそのおかげで自由時間も増えたので、健康的な生活が送れるようになっています。

記事ではあまり具体的に書かれてませんが、多分不健康な生活のせいで生まれる出費も減っているんじゃないでしょうか。

 

私たちは、子供の頃から頑張ることが成果に結びつくって教育されてきました。

 

まさに「努力教」ですね。

 

だからついつい仕事もやればやるほど稼げると思ってしまいます。

ところが、学校の勉強と仕事には大きな違いがあるんですね。

 

それは何かといえば、仕事はやればやるほど費用も増えるってことです。

これは意外と会社員だと気付かないことで、この店主は店主だからこそこの点をしっかり捉えていたんじゃないかって思います。

 

でも大体の人ってこの努力教の呪縛から抜け出せないんですよね。

----pr----
全世界が注目する未知なる巨大市場に便乗して【1日15分からできる超簡単な作業】だけで本業以上の収入を目指す方法
--------------

「努力教」を信じてもお金は稼げない!過労死するくらいなら楽して儲ける方法を考えよう

私たちは、毎日毎日がむしゃらに仕事を頑張りがちです。

 

努力教の教えでは、それが正しいとされているからです。

 

会社員だと、いくら頑張っても給料が増えないのに、なぜか必死に疲れるまで仕事します。

努力教では頑張る者が報われるとされているから。

 

しかし、頑張ったところで手に入るものは増えません。

それどころか、頑張った結果倒れて、命を失ってしまう人もいるくらいです。

 

頑張って頑張って、その対価として得られるのが自分の死だなんて悲しいことが、現実に起こっているんです。

 

これが努力教の罠といえるでしょう。

 

ところが、現実は頑張らない方が儲かるなんて話は意外と少なくありません。

 

努力教は現実にかなってないのです。

 

なぜならば、仕事というのは頑張れば頑張るほど費用も増えるっていう仕組みがあるから。

自分の事業や会社を経営していれば、こんなことは常識ですけど、案外このことに気付いていない経営者も少なくありません。

会社の収支を常に見られるわけじゃない会社員ならなおさらです。

 

一方で、会社員でも分かることがあります。

それは働けば働くほどストレスや疲労がたまり、健康を害して、出費が増えることです。

もちろん時間もなくなってしまいます。

 

つまり私たちは、努力教を信じすぎるあまり頑張ることの効果を勘違いしているんです。

目的を達成するための手段を間違っているともいえるかもしれません。

 

全く働かなければお金が手に入らないのは間違いありません。

けど、頑張ったからといってお金が増えるわけじゃないってことを知った方が良いのかもしれませんね。

 

儲けるためには、がむしゃらに仕事をするんじゃなく、費用を減らすことも大事なんです。

 

努力教を信じるだけでは、損ばかりするのが現実。

 

今頑張っているあなたにとって余計に増えている費用は何でしょうか?

せっかくの機会なので、それを考えても良いかもしれません。

 

楽をしたからといって儲からないなんてことはないんです。

むしろ楽をしようと思った方がお金は増やしやすくなります。

----pr----

--------------

ここまでの内容が何かしら役にたったら、下の各種ボタンのクリックとかシェアしてもらえると嬉しいです!

Twitterの方(https://twitter.com/408Fun)でも情報発信を強化していくつもりなんで、そちらのフォローもお願いします!?

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


--------------

★今あなたに読んで欲しいのはこの記事!★

 

www.change-local.com

----pr----

 


--------------