改革!地方創生地域活性化

地方創生・地域活性化・飲食業界・ブラック企業・稼ぎ方・儲け方とかについて書いてきます

モチベーションの上げ方知ってる? 小さくて暇な会社で転職を考える事務員の辛い日々

転職しようかどうか悩むときってありますよね。

でも、いざ転職しようかと思っても色んな不安を感じるもの。

誰かに相談しても、なんとなく納得できない答えが返ってくるもんだから、よけいに悩むようになるってことも少なくありません。

今回は、そんな転職の悩みについてです。

----pr----

 


--------------

目次

 

f:id:chihososei:20180419190149j:plain

画像元

転職を考えるほど退屈な、小さな会社の職場でモチベーションを上げる方法はあるのか? できる人はいるの?

地味で暇で少人数の職場でのモチベーション : キャリア・職場 : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

仕事をしていてモチベーションが上がらないってことは珍しくありません。

むしろモチベーションが常に高まっている仕事っていうのはほとんどないでしょう。

どれだけ希望と情熱にあふれて入った会社でも、1カ月、半年、1年と続けていけば何かしら不満が溜まるもの。

結婚生活と似たようなもので、どうしても嫌なところが見えてきます。

「自分の人生はこれでいいんだろうか」なんて考えるのも人間の常といえるでしょう。

 

この相談者は、今の会社に勤めて8年。

モチベーションが上がらない状況と人間関係に苦しんでいたようです。

状況を簡単にまとめれば、

  • 勤続8年
  • 会社は小規模で、従業員4人くらい
  • 事務が自分を含めて2人で、仲が悪い
  • 雇用主は高齢で、いつ会社が終わるか分からない
  • 会社は常に静か
  • 先輩社員がネットサーフィンをするくらい暇
  • ただ、給料はいい
  • 家から3分と近い

本人の状態は、割と深刻っぽいですね

  • 外部の人と接する機会がないので、外見に気を遣わなくなった
  • 入社後からの8年で性格から明るさが消えて、暗くなったと感じる
  • もう1人の事務員の性格の悪さの影響で、自分も性格が悪くなってきているように感じる
  • 家に帰っても気力がわかなくなっている
  • プライベートの時間だとそれなりに明るくなれはする
  • 雇用保険加入年数が10年になる機会に転職を考えている

ちょっと鬱っぽさを感じなくもないですが、環境を変えたいって気持ちはいくらか感じられます。

実際、相談者はこれまで公私ともに何ら努力をして来なかったわけじゃないみたいです。

  • 空いた時間で資格を取った
  • 1年くらい副業でアルバイトをした
  • 週1でスポーツクラブで活動している

それでも満たされず、もう職場を変えるしかないっていうのが、相談者の心境なのかもしれません。

ただ、今回の相談内容は辛いっていう気持ちの吐露と同時に、「こんな職場でも自分らしく活き活き働けている人はいるの?」っていう疑問が向けられてます。

相談者の気持ちを知ることはできないですけど、辞めたいけどもしかしたら自分の考えや感じ方が間違っているのかもしれないっていう複雑な思いもあるのかもしれませんね。

----pr----

--------------

転職すべきかどうかの相談は無意味になることが多い! 成功・失敗は誰にも分からない

この相談者に対して、みなさんはどう考えるでしょうか。

共感できる人もいるでしょうし、早く転職しろと思う人もいるかもしれません。

相談者も思っているように贅沢だと考える人もいるかもですね。

一つ間違いなくいえることって何かっていえば、こういった悩みは結果論でしか良し悪しがいえないことじゃないでしょうか。

 

ものすごく単純にいってしまえば、転職して「よかった」って感じるか「転職しなければよかった」って感じるかですね。

こればっかは本人の行動、感じ方次第なので他人にどうこういうことはできません。

結果論なので、今の段階でどうこういうこともできないですね。

 

変化を選ぶか、現状維持を選ぶかみたいな話なんで、どうしたって結果論ありきになっちゃうんです。

だから人は悩むわけです。

その上、相談しても納得できないんですね。

だって、未来なんて誰にも分からないんですから。

 

ただこんな話をすると、じゃあこの相談は無意味なの?って思うかもしれません。

 

一般的な話をすれば、悩みはただ吐き出してしまうことでも楽になる部分はあるんで、無意味ではないですね。

ただ、求める答えなんて出ないんで、答えが欲しいっていうのなら大体無意味になっちゃいます。

 

相談者の気持ちは想像するしかありませんが、誰かに自分の進路を決めて欲しいって思いがあるなら、答えが欲しいって思いも満たされるかもしれないですけどね。

でもそれって、相談相手の提案って言い訳が欲しいだけなんで、あんまりおすすめできることでもないんですよね。

失敗したときの保険が欲しいみたいな。

自分の人生なんで、他人の判断に身をゆだねず、後悔する可能性も込みで自分で選択する方が健全です。

失敗はしますけど、自分で選んだっていう事実は、将来的に何かしら自分を支えてくれる何かになってくれるかもしれません。

----pr----

--------------

辛いときほど転職は失敗する! 退屈な職場での日々を変えるための解決方法

ここからは100%私的な考えなんで偏見も入りますけど、この相談者の場合は

  • 私生活が満たされる
  • 嫌な同僚がいなくなる
  • 三者から仕事に対して高く評価される
  • 仕事が忙しくなる

案外この内のどれか1つでも手に入れば、転職なんて考えなくなる気がします。

 

多分、自分がやっていることに価値を感じない上に、嫌な同僚がいるもんだから、ただただネガティブになっている気がします。

 

しかも、プライベートも充実しているとはいえず、何のために働いているのかもよく分からない状態で、ネガティブスパイラルに陥っているんじゃないでしょうか。

 

給料が高いって話なんで、同僚がいなくなるのはあまり期待できないでしょう。

仕事があまりに暇で、他の人も退屈にしている上に、外部からの人も来ないって話なんで、高く評価されるってのも期待できません。

 

そうなると、これ以上ないほどに私生活を充実させるか、社長に提案して仕事を忙しくするかの二択が現実的な方法かもしれません。

スポーツクラブの方は、あまり充実した時間に貢献していないように感じられるので、いっそ辞めて何か別のことにチャレンジしてもいいでしょう。

 

転職して環境をガラッと変えるっていうのもいいかもしれません。

手っ取り早いのは、転職が一番でしょう。

 

ただ相談者の今の鬱屈とした心情で転職活動をしても、多分どんなに素晴らしい会社に就職できたところで、あまりいい気分にはならないでしょう。

それは相談者の心が今疲れすぎているからです。

 

よく不満を理由に転職する人がいます。

けど、ネガティブな心境で転職をしても、心の方が疲れきっているので大抵失敗します。

中にはせっかくの大きなチャンスを自ら蹴ってしまう人もいます。

心が疲れちゃっていると、正常な判断ができないんです。

どれだけ些細なことでも気になって、全部が全部悪い方向に考えてしまうようになります。

 

だから、気分が落ち込んでいるときほど転職は賢い方法とはいえません。

 

第一、転職は経験者なら分かる通り、かなり疲れます。

メンタルへの負担がハンパじゃありません。

ただでさえ不満で疲弊して、気力すらなくなっている状態で、そんな負担をかけるようなことをしてしまったら、自分自身を壊してしまいかねません。

 

決して転職がダメだって話じゃないです。

心が疲れた状態で転職をするのは良くないって話。

なので、相談者の場合は心を休めることに時間を使うのが今最もした方が良いことかもしれません。

 

有休を使って、数日間どこか遠い南の島にでも行ってみたり、普段行かない場所、しないことで、自分が嫌だと思わないことに時間を使ってみましょう。

 

それだけでも、いくらか気分が晴れて、いい選択肢を考えやすくなるかもしれません。

 

ちなみに、雇用保険ですけど、10年勤めたとしても自分の都合で退職してしまっては損します。

保険金をもらえるようになるまで3ヶ月間は無収入にもなります。

転職をしようとするときは、そういったことも含めて考えるのが良いでしょう。

 

ところで、そんなに暇なのに給料が高い会社って、けっこう気になりますよね(笑)

----pr----

--------------

ここまでの内容が何かしら役にたったら、下の各種ボタンのクリックとかシェアしてもらえると嬉しいです!

Twitterの方(https://twitter.com/408Fun)でも情報発信を強化していくつもりなんで、そちらのフォローもお願いします!?

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
--------------
★今のあなたにおすすめの記事★

知られざる【理想の結婚相手を見つける理論】と【婚活支援の現実】

 

友情はこんなに簡単に壊れるの?格差意識が生んだ悲劇が切ない

 

● 「夫が職場から持ち帰る●●が迷惑」悩む主婦にあなたはどう答える?

----pr----

 


--------------