改革!地方創生地域活性化

地方創生・地域活性化・飲食業界・ブラック企業・稼ぎ方・儲け方とかについて書いてきます

結婚しないのは「コスパ」の問題じゃなく「フリマ」のせい?

目次

----pr----

 


--------------

婚姻数・出生数が減少し死亡数ばかりが増える世の中で考えたい「今の男女が結婚しない理由」

f:id:chihososei:20180124195710j:plain
画像元

このブログでもたびたび取り上げてる結婚。

 

昨今は婚姻数と出生数が減って、死亡率が増えることで人口がどんどん減少しているってことで、主に高齢者を中心に危機感が漂ってます。

 

平成28年(2016)人口動態統計(確定数)の概況

 

これをどうにか打開したい日本政府。

婚姻数を増加させるために、まるで民業なんて存在していないかのように婚活支援に乗り出してるわけですけど、空回りもいいとこで、民間より数字が出せてない気がします。

 

100年前の日本人が「全員結婚」できた理由 | ソロモンの時代―結婚しない人々の実像― | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

そんな中、この記事で書かれてる通り、そもそも今の時代に結婚は正しい選択なのかが問われる状況すら出ています。

 

ところで、なんで今の人々は結婚しないのか?

 

本来そこから考えるべきなんですけど、政策を見ると頭のお堅いお年寄りたちは「出会いがないから」って考えているっぽい。

 

こりゃダメだって思っちゃうわけですね。

 

ということで、もう少し広い視野で今の人たちが結婚しない理由ってものを考えていきたい。

 

そう私は思ったわけです。

 

----pr----
日本金融業界のレジェンドが教える

高確率で稼げるお宝銘柄情報!!

《14日間無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

週に2回の情報を元に
90万円の収益を達成したことも

これであなたも自由をつかもう!!

今なら14日間無料
ぜひお試しください!!

《14日間無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
--------------

政府はなぜムダな出会い系事業に税金を使うのか?その理由の一つがここにある

 

平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書(全体版) - 少子化対策:政策統括官(共生社会政策担当) - 内閣府

 

平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」調査結果「結婚観(2)

 

ちなみに政府を擁護するわけじゃないんですけど、彼らが

 

「出会いがないから結婚しない」

 

なんて旧石器時代みたいな話をするのにはちゃんと理由があるんですね。

 

この資料を見てもらうと分かるんですけど、なんと「現在結婚していない理由」って質問に対して、半数以上が「適当な相手にめぐり合わないから」って回答。

 

これが一番高いわけですから、政府としては最も妥当な方法として、出会い作りをするのは自然なわけです。

 

ただ、他の質問項目でたびたび「収入が足りない」って回答がけっこう出てるんですけど、それについては無視しちゃってるのは、なんだか不都合なとこから目を反らしてる感じがしますけどね。

 

アンケート調査の結果から考える「今の男女が結婚しない本当の理由」

 

で、実際のとこ、なんで今の人たちは結婚しないのか?

 

独身男女600人の本音をリサーチ。「あなたは結婚願望、ある?ない?」

 

結婚願望についての調査って、政府のものも含めてけっこうあるんですけど、実はどの調査を見ても、結婚願望って案外あるんですね。

 

というか、割と過半数はとってる。

 

逆をいえば、半数くらいは結婚したくなかったり、する気がなかったりするんですけどね(笑)

 

で、この結婚したくない、する気がない人たちについてなんですけど、マイボイスコムって会社がアンケート調査をしてくれてます。

 

結婚のアンケート調査(4)|ネットリサーチのマイボイスコム

 

これによると、

  • 一人の方が気持ちが楽
  • 自分の都合で生活できなくなる

こういった考えが4割~5割

  • 必要性を感じない
  • 結婚願望がない
  • 自由に使える時間やお金が減る

これが3割弱。

この他、「魅力を感じない」「経済力不足」「親類縁者との付き合いが面倒」といった回答とかが2割。

 

具体的な回答を見ていくと、「束縛が増える」「離婚する時女性が有利になる」といった考えもあるみたいですね。

 

設問の問題もあるんですけど、結婚したいと思わない人にとって、出会いの有無って問題じゃないってことが分かると思います。

ちなみに、この調査でいう「結婚したいと思わない人」っていうのは45%なんで、やっぱり大体半分くらい。

 

1万人少しを対象としたインターネット調査の内、結婚していない人についてなんで、総数がどれくらいかは分からないですけど、それでも決して少ないとはいえないかなと思います。

----pr----

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】
--------------

政府が目を反らしている結婚しない理由!そこに結婚しない一つの要因が隠れている

 

で、ここで一度「平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」調査結果「結婚観(2)」をまた見てください。

 

実は、結婚してない理由で二番目に多いのって「自由や気楽さを失いたくないから」なんですね。

 

収入の問題と合わせて、政府が都合良く目をつぶっちゃってるとこです。

 

確かに数字から見れば、「出会いが少ない」ってのは大きな問題なのかもしれない。

 

でも、これってよくよく考えれば、結婚する気があるなら、多分自分でどうにかする理由なんですよね。

 

だって、いくら住んでいる地域の人口が減っているっていっても、今って直接会わなくても他人とコミュニケーションを取るのは難しくないんですから。

 

Matchbook とかマリッシュ とかPairsみたいな、一昔前の出会い系サイトよりはいくらかクリーンなマッチングアプリありますし。

 

TwitterとかFacebookとかInstagramみたいなSNSだっていくらでもあるわけです。

 

他人と仲良くなっていく方法なんて、探さなくてもいくらでも見つかるほど。

 

どんなに自分の容姿とか能力とかに自信がなくても、 ルックフォーパートナー とかスク婚 とかとら婚みたいな婚活支援をしている相談所も多い。 

 

恋愛の方法がわからない方へ学校を展開しているようなところもある。 

 

 つまり、結婚願望さえあれば、どうにかできるだけのサポートもあるんですね。

 

わざわざ日本政府が財源が乏しいといいながら税金を大枚はたいて使う必要はないくらいっていうか、もうその時点で民業圧迫が疑われるレベルです。

 

なので、結婚しない問題の最たるところって、やっぱり「結婚願望が持てない」ことになるんじゃないかな。

 

もちろん、年期の入った頭で「いい人と出会って、仲良くなれば結婚願望も出る」って考えるのは自由ですよ。

 

ただ、結婚願望がないんですから、どれだけ多くの税金を使ったところで、そういう人は政府がいくら出会いの場をつくったとこで、見向きもしません。

 

「自分の時間とかお金がなくなるから」って考えてるんですから、わざわざそんなことに時間とかお金とかを使うわけないじゃないですか。

 

「野菜を買うなんてお金のムダ」なんて思ってる人の近くで、「新鮮な野菜と出会えますよ」なんてイベントをやったとして、行きますか?

 

どんなツンデレですか(笑)

 

それこそ、お金がもらえたり、強制的に連れ出されたりしない限りありえません。

----pr----

結婚しない男たち 増え続ける未婚男性「ソロ男」のリアル (ディスカヴァー携書)
--------------

結局、なぜ今の男女は結婚しないのか?あなたはこんなとき座席を譲りますか?

 

結局のところ、結婚しない理由は何か?

 

それを考えると「結婚願望がない」ってとこにいきつくんですけど、そういった思いを抱く背景には「時間」とか「お金」とか、そういう「個人の自由」が見えてくるんですね。

 

よく「結婚はコスパ」が悪いなんて言われますけど、それだって元を正せば「自由が妨げられるから」に外なりません。

 

要するに自分の「自由」を「自分でマネジメント」できなくなるから。

 

これって、思うに「余裕のなさ」から来てるんじゃないかなぁって思うわけですね。

  • 時間に余裕がない
  • 金に余裕がない

結婚するとそれが他人のために奪われ、自分の分が全くなくなってしまう。

 

結婚は分け合うもので、そういう奪うとか奪われるとかじゃないって思うかもしれないんですけど、現時点で余裕がなければそんなこと考えられないわけです。

 

もし電車に座っていて目の前にお年寄りが現れたとき、みなさんが疲労困憊していて全く余裕がなかったら、多分席を譲ろうなんて思えないんじゃないですか?

 

社会は助け合いだから、座って休む機会を分け与えよう。

 

こんな風に思えますか?

 

結局のところ、人間誰しも余裕がなければ、他人のことなんて考えられないですし、自分の未来だって考えられない。

 

マズローは人間の欲求を5段階で表して

  1. 生理的欲求
  2. 安全欲求
  3. 社会的欲求
  4. 尊厳欲求
  5. 自己実現欲求

と、この順で満たされようとしていくみたいなことをいったんですけど、そこで示されてる内容は別として、現代の人たちの中で「結婚」っていうのは、多分この中の社会的欲求以上のどこかに入るもんなんじゃないかなぁって思うわけです。

 

そうして考えると、今の時代って若い人ほど所得は低くて、社会保障費とか税金とかの負担は重くされて、しまいには老後も自分のお金でやりくりしないとダメだみたいな不安が多い。

 

こんな状態で、果たして結婚なんて考えられるか?

 

それこそ、今の生活を豊かにしたり、余裕をてにするために自分の時間やお金を守ろうとしたりするのが普通ではないでしょうか。

 

ということで、私的には結婚しようと結婚しないでいようとそれは個々人の自由だと思いますけど、他人をどうにか結婚させようとするんだったら、まずは失われた余裕が取り戻せるように満たしてあげるのが先じゃないかなぁって思うんですね。

 

それなしに結婚しろっていうのは、無責任っていうか、もういっそ暴力ですよね。

ここまでの内容が何かしら役にたったら、下の各種ボタンのクリックとかシェアしてもらえると嬉しいです!

Twitterの方(https://twitter.com/408Fun)でも情報発信を強化していくつもりなんで、そちらのフォローもお願いします!?

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

----pr----

 


--------------

★あなたにお勧めの記事★

知られざる【理想の結婚相手を見つける理論】と【婚活支援の現実】 

調査で判明した、誰でも0円から億万長者になるためにすべき『たった3つ』のこと 

DVの実態知ってますか? 独身化が進む現実情と地方の人口増加の秘密

----pr----

1日10分でできる「考えない」投資術【タケルFXスクール】
--------------