改革!地方創生地域活性化

地方創生・地域活性化・飲食業界・ブラック企業・稼ぎ方・儲け方とかについて書いてきます

今求められるのは「イノベーター」より「モチベーター」?2018年のトレンドになるか?!

目次

----pr----

 


--------------

「イノベーター」が求められる昨今、「モチベーター」は一石を投じることができるか?

f:id:chihososei:20171216221720j:plain

画像元

最近、何かと重い話が多かったんで、週末でもありますし、何か軽めの話題はないかなーって考えた結果、このテーマにたどりついたわけです。

 

今の日本は、何かと起業とか新規事業とか、テクノロジーの活用とかを取り上げて、イノベーターが求められているみたいな話になっているわけですけど、果たしてどんな場面、どんな場所においてもイノベーターが求められているか?って考えると、「本当に?」みたいに感じる人って案外多いと思うんですね。

 

そういうわけで、昨今のイノベーター第一主義みたいな考え方に一石を投じられないかって考えて、今回紹介したいのが「モチベーター」です。

----pr----

時間のない人必見!

週末たった1時間で
稼ぐための方法を学べる
副業投資術!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【期間限定】ワンWEEK副業投資プログラム(セミナー動画集特典付き)


投資は始めたいけど
失敗したくない

そんな人こそ
稼ぐための知識を
手に入れるのが大切です

巷に溢れる
稼ぐための方法ではなく
自分の力で稼げるようになれば

失敗なんて怖くなります

時間がなくても
しっかり学べるので
ぜひ試してください!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

--------------

浅草「まるごとにっぽん」で新事業を始める「モチベーター」の挑戦

 

www.iwate-np.co.jp

 

そういうわけで、今必要なのは「モチベーター」改め「餅ベーター」じゃないかって無理矢理なこじつけで紹介する話題がこちら。

 

岩手県の一関市山目って地域で菓子製造を営んでる松栄堂ってところが、この度東京の浅草の商業施設「まるごとにっぽん」に出店したって話ですね。

 

菓匠 松栄堂

 

まるごとにっぽん

 

まるごとにっぽんっていうのは、東京楽天地っていう会社の100%子会社で、いわゆる商業施設みたいなもので、全国47都道府県の名産品を集めた施設です。

 

ちなみに、東京楽天地は、楽天 とは全く関係ないんで、関係会社とかじゃないです。

っていうか、創業から80年くらい経っているんで、楽天よりずっと先にできた会社です。

 

で、今回松栄堂ってとこが、新規出店したわけですけど、ここでは「いわての餅屋」って名称で、その名の通り、岩手県一関市の餅食文化発信を目指してお餅の販売をしていくみたいですね。

 

まさに「餅ベーター」なわけです。

 

なんだか投げやりになってきている感ありますけど、「餅ベーター」いいじゃないですか。

----pr----

株式投資型クラウドファンディング
--------------

ロッテから考える「モチベーター」の市場可能性

 

さて、「餅ベーター」なんてものをぶち上げてしまった以上、このまま放り投げるのはマズイってことで、このまま突っ走ります。

 

岩手県一関市の餅食文化って書いたわけですけど、ところでみなさんはお餅についてどれだけ知っているでしょうか?

 

お正月にちょっと食べるくらいで、お餅に興味を持ったことがないなんて人も多いんじゃないでしょうか?

 

今だと一年の内にお餅を一度も食べないって人も少なくないかもしれません。

 

もしかすると、「お餅って雪見だいふく?」みたいな人もいてもおかしくないでしょう。

雪見だいふくは日本におけるフェイバリットアイスといっても過言じゃないんで、こればかりは仕方ありません。

 

アイスなのに夏に売らなかった理由とは 雪見だいふく|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

 

テレビ東京系列 「WBS」の放送を元に制作された日経新聞の記事によれば、2016年における雪見だいふくの年間販売数は2億4000万個で、その売上げは分かりませんが、仮にスーパーとかで売られている1パック89円を基準に考えると213億6千万円の売上になっているって推察されます(厳密には明らかに異なります)。

 

 一方で、一般的なお餅ですけど、全国餅工業協同組合によって発表されているデータをみると、2016年における世帯購入数量は1世帯あたり2.459kg、平均購入価格は1kgあたり755.6円のようです。

参照:国内産水稲もち米100%【お餅データ 生産と消費】|100%お餅ミュージアム|全国餅工業協同組合

 

総務省の調査によれば、2017年1月1日時点における日本国内の世帯数が5747万7037世帯ってことらしいので、単純計算だと、お餅の年間売上は1067億9233万4746円ってことになりそうです(これも多分厳密には違います)。

参照:住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数のポイント(平成29年1月1日現在)

 

これだけ見ると、「お餅ってそんなに売れてるのか」ってびっくりするんですけど、そんな印象を普段持たないのは、多分お餅がそのまま食べられるんじゃなくて、色んな形に変えられて食べられているからなのかもしれませんねぇ。

 

ちなみに、市場規模マップってサイトで1000億円規模の市場が何かってのを見ると、「美術(2009年)」「水産缶詰(2011年)」「マヨネーズ(2011年)」「みそ(2014年見込み)」「音楽教室(2015年受講料ベース)」「オンラインゲーム(2015年)」ってのがあげられてます。

参照:市場規模マップ (HTML5版)

 

どれもちょっと古いんであてになるか分からないですけどね(笑)

 

「モチベーター」の可能性は、北海道と新潟が圧倒的か

 

ところで、この(単純すぎる推測で)1067億円くらいの売上が上がっているっぽいお餅なんですけど、名産地ってどこか知っている人ってどれくらいいるんでしょうか?

 

もち米の市場動向と産地対応

 

2008年に名寄市立大学市立名寄短期大学道北地域研究所によって出された資料によれば、お餅に使われているもち米の供給地としては、北海道と新潟県のシェアが高くなっていることが伝えられています。

 

また、公益社団法人米穀安定供給確保支援機構もち米事業部が発表している水稲もち米の主産地情報によれば、作付(引受)面積では、北海道が7589ha、新潟県が6522haと主産地とされている9道県(北海道、岩手、宮城、秋田、山形、千葉、新潟、佐賀、熊本)の中で、圧倒的な広さを誇っています。

参照:もち米に関するデータ : I 供給関係 : 3-(1)

 

このことから、実態として具体的なところは分からないんですけど、北海道と新潟がお餅の産地としては有数の場所なんじゃないか?ってことがいえる気がします。

----pr----

確定申告間近!節税にも使えるふるさと納税で素敵な商品をもらおう!
--------------

「モチベーター」は地方の多くで求められている

 

「餅ベーター」なんて無理矢理なこじつけをして、それっぽいデータを並べつつテキトーなことを書いたわけですけど、実のところお餅を使った地域活性化やお餅の特産地をうたったPRってのは、けっこう色んなところがやっていて、そのどれもが地味な感じになってます。

(ちょっとググるとけっこう出てきます)

 

今回紹介した一関市のお店の挑戦がうまくいくかは分からないんですけど、「餅ベーター」として頑張って欲しいところです。

 

浅草に行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

ちなみに、当たり前の話なのかもしれないんですけど、モチベーションをコントロールする存在としての「モチベーター」の価値は、ふつうに高まっているんで、「イノベーター」より求められているかどうかは分からないですけど、興味があったら調べてみてもいいかもしれません。

ここまでの内容が何かしら役にたったら、下の各種ボタンのクリックとかシェアしてもらえると嬉しいです!

Twitterの方(https://twitter.com/408Fun)でも情報発信を強化していくつもりなんで、そちらのフォローもお願いします!?

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

----pr----

あなたは自分の人生に満足していますか?
満足できる結果が出ていないのは
あなたの脳にOSが足りていないからかもしれません

「脱洗脳」のエキスパートが編み出した
イノベーティブな自己実現方法

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
苫米地英人集大成メソッド『オールライフコーチングプログラム』


自分を変え
最高の人生を手に入れる

「脱洗脳」のエキスパートが編み出した
モチベーションの世界をコントロールする
最上級のメソッドの全てがここにあります

今からあなたの人生を変えましょう!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

苫米地英人集大成メソッド『オールライフコーチングプログラム』

--------------

 ★あなたにお勧めの記事★

国に搾取され、お金のない・将来が不安な日本人が"今"知るべき生きるための方法~消費税・所得税など増税が相次ぎ、生活保護が減額される苦しい世の中で~


知られざる【理想の結婚相手を見つける理論】と【婚活支援の現実】 


小池都知事が批判!地方のために東京の収入が減る「地方消費税配分見直し」 

----pr----

 


--------------