改革!地方創生地域活性化

家庭、地方やお金についての話題を中心に届けます

ICOで地域活性化!岡山県西粟倉村がICO導入に向けた共同研究を開始!!仮想通貨での地方創生成功事例になるか?

目次

----pr----

 


--------------

「継続」とは「呪い」である

f:id:chihososei:20171110185411j:plain

画像元

最近、休みなく更新してたんで、昨日はちょっとPRで休ませてもらったんですけど、少しの間更新し続けてたせいか、「休んでいいのかな?」みたいな強迫観念がよぎるのがしんどいとこですね。

 

休んだんですけどね(笑)

 

一般的に「継続」ってすんごい重要視されてて、続けることを最低限の目的にする人ってのも多いんですけど、この続けるって行為は「呪い」にもなるなぁって思ったりもすんですよねー。

 

続ける

休むことに罪悪感

休むことに恐怖感

休まず疲弊

 

今って、ブラック企業とかがよく話題になるんですけど、ひょっとすると過労死まで至る人の中には、こういう「呪い」みたいな感覚もどっかで出ちゃって、そこから抜け出せなくなっちゃうのかなぁ…なんて思ったりもするわけです。

 

続けることって多分かなり大切なことだと思うんですけど、休むことも同じくらい大切なことだって思っておかないと、この「呪い」にはまって、どんどん悪い方向に行くんじゃないかなー。

 

さて、今回ですけど、そういう話とは全然関係なくて、とある地方が仮想通貨っていうか暗号通貨を使った取り組みをするっていうので、その紹介です。

 

 

 

----pr----

"仮想通貨時代"
今しかないチャンスから目を反らしていませんか?

まだ「怪しい」と思っている人は
ぜひ一度これを読んでから判断してください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
マネーコード・プログラム


仮想通貨で億を稼いだ
「億り人」が教える
仮想通貨の奥深い世界

今から知識を手に入れ
あなたも仮想通貨に挑戦しましょう!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マネーコード・プログラム

--------------

ICO導入のため共同研究を開始する岡山県西粟倉村とはどのようなところなのか? 

prtimes.jp

 

昔から「地域通貨」ってものが、地域活性化に役立つみたいな話が出てはその都度失敗しているんですけど、暗号通貨が話題になるようになってから、その潮目が変わりつつあるんですね。

 

今回話題になってるのは、岡山県西粟倉村。

www.vill.nishiawakura.okayama.jp

 

特にこれといって際立った何かがあるってわけじゃない普通の村ですけど、ホームページを見れば分かるとおり「上質な田舎へ」をコンセプトにかなり頑張ってることが分かります。

 

人口 1437人

平均所得 233万3206円

(参考:西粟倉村(岡山県)の平均所得・年収|年収ガイド

公務員平均年収 496万2244円

(参考:西粟倉村(岡山県) 平均年収・月収・ボーナス・退職金など(地方公務員)を完全掲載|年収ガイド

 

所得だけ見れば全国1600/1718位なんで、大分下の方です。

公務員の年収も1684位と下の方と、よくある小さな村って感じです。

 

ただ、村面積の95%に及ぶ森林を使った六次産業化構想「百年の森林構想」とか、地域企業支援事業「ローカルベンチャースクール」とか、地域活性化に積極的に取り組んでます。

 

ホームページからもその積極性を感じられるんじゃないでしょうか。

----pr----

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』
--------------

岡山県西粟倉村が県外3社とICO導入の共同研究を開始!ICOを使った地域活性化に着手

 

で、今回新たに始めるのがICOの共同研究。

 

岡山県西粟倉村は、地方自治体ICO導入に向けた共同研究に着手します

 

詳しくは、このプレスリリースを見て欲しいんですけど、いつも通りざっくりまとめると

 

株式会社chaintope村式株式会社エーゼロ株式会社の3社と共同でICO活用の共同研究を実施

・自治体ICOを使った資金調達によって資金の流入と循環を促進させる可能性を探る

ICOの認知を向上させることで、地域内においてこれまで以上のチャレンジ創発を図る

 

こういう話みたいです。

西粟倉村が描くICOを使った地域活性化の構想

構想としては、

 

西粟倉村がICOコインを発行し、ICO投資家から暗号通貨を集める。

ICO投資家は西粟倉村のICOコインを国内外のECとかで利用する。

・利用されたICOコインを持って国内外の人が来村し、それを村内で利用する。

 

この循環を作る構想のようで、今回共同研究するエーゼロがそのコンサルティングをするみたいな話のようですね。

 

なんかぱっと見、新興企業の食い物にされてる感じもしないでもないんですけど、このICOを使った取り組みは、

 

btcnews.jp

 

エストニアが国家規模で検討するって話もあるんで、自治体での活用について先んじる挑戦って考えると野心的で面白いんじゃないでしょうか。

----pr----

仮想通貨FXも【GMOコイン】
--------------

ICOとは何か?金融庁による警告や詐欺なども多いが国外・国内の成功事例もしっかり出ている

 

ところで、「ICOって何?」って人も多いかもしれないですね。

 

http://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/06.pdf

 

これについては、資料が色々出ていて、どちらかっていうと海外の文献がいいんですけど、とりあえずざっくり説明すれば、企業とか自治体とかが電子的な証票(コインやトークンなど)を発行して、それを使った資金調達をするってものっていうか方法です。

 

イメージ、特定の店とかで物々交換に使えるブランド品を提供して、その対価をもらうようなものだと思うといいかなって思います。

 

ブランド品なんで、買ったときの金額しか価値を持つわけじゃなく、その時々で価値が変わるのがミソ。

 

将来的に買った金額よりも高い価値を持って、より多額の商品やサービスと物々交換できるようになったりします。

※ちょっとした”たとえ”なんで、厳密には違います。

 

詳しくは、本当に情報が多く出ているので、そういったもので知見を深めてみると面白いと思います。

 

cryptocurrencymagazine.com

www.sbbit.jp

 

ただ、調べていくと分かるんですけど、今はできたてほやほや感があるせいもあって、そういったときにつきものの詐欺案件が少なくなく、さっき貼ったもののように、注意を促す情報が多くなってます。

 

そうはいっても、国内での成功事例(?)みたいなのも一応ちゃんとあって、

 

ameblo.jp

ameblo.jp

----pr----

受講者満足度も90%以上のプログラミングスクール【WebCampPRO】
--------------

西粟倉村のICOは今のところ不透明な点が多いが、地方の将来を左右する可能性もある

 

ICOは、良くも悪くも色々な情報が出てくるんですけど、今回は自治体が運営するってことで、信頼性を担保できるか?が成否の境目になるのと、買ってもらえて、使ってもらえるのかってのが焦点になってくるんじゃないかなって思います。

 

だいいち、ホワイトペーパー(目論見書)とかオファー(内容)も出てないんで、買う方は何に期待して、何に価値を感じて買えばいいのか、現状だと分かりません。

 

多分、この件でけっこうな税金を積んでいるはずなんで、失敗したら小規模な村なもんで大やけど、詐欺みたいな内容になれば目も当てられないみたいな、かなり難しい挑戦には違いないんじゃないかなぁ…

 

だからこそ、この挑戦は心底すごいって感じるんですけどね。

 

これが各自治体に普及してくると、自治体の価値ってのが、株式会社の株価みたいに数字で見られるようになったりして、それはそれで面白いかなぁって思います。

 

今でもふるさと納税の金額とかで自治体ごとに数字で比較することはできるんですけど、ふるさと納税の場合はまたちょっと違うんで、比較する上で公平性に欠けるかなぁって感じですね。

----pr----

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
--------------

ICOは活性化するか消滅するかを彷徨う地方にとって大きなきっかけを生み出す可能性がある

 

いずれにしても、今後の地方自治体の在り方としては、補助金とか交付金に頼らずにどうやってお金を集めていくか、それをどういうふうに地域住民に還元していくかってことが、けっこう焦点になっていくんじゃないかなぁって思います。

 

ICOがそのための好材料になるかどうかは分からないですし、だいいちICO自体がこの先どうなるかも不確かですけど、自治体がお金ってものについて「稼ぎ出す」って意識を持つきっかけになる可能性は高い。

 

それと、「投資思考」や「マーケティング思考」みたいな、今まで絶望的に不足していた考え方について、どんどん知識とか情報とかを積極的に取り入れて、活用を考えていかないとならないって危機感を生み出すきっかけとしても、けっこういい素材になる気もします。

 

地方は今度どんどんきつくなっていくしかないんで、そういった状況の中でどう将来を作っていくか、今テクノロジーとか新しいビジネスとかがどんどん出てくる中で、どれだけそういったものの活用に挑戦し、うまいこと自分たちのものにしていけるかが試されているんじゃないでしょうか。

 

これまで「お金を稼ぐ」ってことについて考えが圧倒的に足りてなかった地方が、それとどう向き合って、どんな方法でそれをものにしていくか、あるいは何もしないで消えていくか、大きな岐路に立っているんじゃないかって思います。

 

といっても、テキトーな資料を出せば国からお金をもらえる現状、やっぱり考えないってところが多いんでしょうけどねー(笑)

 

ここまでの内容が何かしら役にたったら、下の各種ボタンのクリックとかシェアしてもらえると嬉しいです!

Twitterの方(https://twitter.com/408Fun)でも情報発信を強化していくつもりなんで、そちらのフォローもお願いします!?

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

----pr----

勉強なんてしたくない!
だけどお金は欲しい!!

そんなあなたに贈る
稼ぐためのコミュニティ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
仮想通貨でするスポーツベッティング♪♪


話題の仮想通貨を使って
スマホだけでできる
稼ぎを私達としませんか?

現在、手軽に楽しく
一緒に稼ぐ仲間を募集しています
ぜひ一緒に稼ぎましょう!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

仮想通貨でするスポーツベッティング♪♪

--------------


-お勧め記事-

日本が世界に先行できる新時代のガン治療法「重粒子ガン治療」のスゴさに感動した - 改革!地方創生地域活性化

「買い物難民」対策にAIを導入する自治体が登場!起業家も募集!人工知能と起業家の活用は交通弱者を救う方法になってくれるか?! - 改革!地方創生地域活性化

 

----pr----

 


--------------