改革!地方創生地域活性化

家庭、地方やお金についての話題を中心に届けます

衆議院選挙2017各政党公約比較!地方創生・地域活性化政策をまとめました

目次

----pr----

 


--------------

衆議院選挙2017!地方創生・地域活性化について各政党は一体どのような公約を掲げているのか?

f:id:chihososei:20171016235033p:plain

出展

これまで書いてきたとおり、このブログは実質的に衆院選関係はノータッチっていうか、特定政党の応援や批判はしない方向性で考えてます。

 

Twitter上では、安倍政権がどうのこうの、立憲民主党がどうのこうの、共産党がどうのこうのって枕詞のようにつけてますけど、それについては、批判とか応援とかを別として、それぞれ注目すべき点はありますよくらいの意味で書いてます。

 

完全な政治的中立なんて、個人レベルでもできっこないって私自身は思うんですけど、朝日新聞毎日新聞を筆頭にテレビとかもそうですけど、とにかく特定の政党に荷担するようなメディア、マスコミ、媒体がびっくりするくらい多いもんで、せめて個人ブログくらいはできるだけ公平に情報を出したいって思うわけです。

 

中には、ねつ造や印象操作までするようなところも珍しくないんで、尚更そう感じます。

 

選挙のおかげで、この国にはいかにまともなメディア、マスコミが存在してないか感じさせられるんで、ある意味この国はもう終わってるなー…って思っちゃいます(笑)

 

何はともあれ、朝日新聞毎日新聞のような偏向媒体は、とくにこの時期は読まないに限りますね。

 

さて、今回ですけど、選挙が迫っていることもあるんで、各党の地域政策がどうなっているのかを見ていこうって思います。

 

どこもかしこも憲法北朝鮮、働き方改革、教育・育児ばっかり取り上げるもんで、けっこうな税金を捨てかけてる地方政策はどうなっているんだ?って思わされるんで、自分のためにも見ていこうかなーって思います。

 

地方に住んでいる人は自分に関係あることだと思いますし、都市部に住んでいる人にとっては、日頃自分が徴収されている税がどんな使われ方をするのか知っておいてもいいと思うんで、ぜひ読んでみてください。

 

 

----pr----

※勝率94.27%※

メールを受け取って取引すれば

誰でも稼げる可能性が手に入る

それも15日間無料!!

今すぐチェックしてください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
◇厳選銘柄配信15日間無料◇株投資情報のファーストクラス


【勝てない投資情報に騙される時代は終わりました】

投資業界の凄腕アナリスト集団が
本当に勝てる情報を厳選してお届け

?

・初心者、経験者関係
・定年退職者、リタイア組

どなたでも勝てる確率が
圧倒的に上昇するでしょう!

「今までの負けが嘘のように資産回復中です」
「まったくの初心者ですが稼いでます」
「先生の助言を信じてますので、これからもよろしくお願いします」

数々の高評価を受けている
実績ある稼げる情報です!

そんな情報が
15日間無料で手に入れられますので
ぜひこのチャンスを逃さないでください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◇厳選銘柄配信15日間無料◇株投資情報のファーストクラス

--------------

衆議院選挙の各政党の公約を確認して国の未来を選択しよう!

 

say-kurabe.jp

 

インターネットのおかげで、こういった情報が簡単に手に入るようになったのは、ものすごくありがたいなぁって感じますね。

 

簡単に手に入るようになったのに、利己的な解釈をする人々が間違った伝え方をして、それに騙される人が増えたのは悲しいですけどね。

 

何かの情報を見たとき、それが本当に正しいのか追って調べるないとならなくなったのは、便利になったのか、面倒になったのか、けっこう微妙なとこです。

 

皆が皆、感情的にならず、情報は情報として正確なものを流すようになれば、そういった手間も減るし、騙されて間違った判断をする人も減るしで、かなりいいことづくめなんですけど、人間っていうのはやっぱり強欲だったり傲慢だったり、卑屈だったりするもんで、中々そうはならないのがしんどいものですね。

 

で、各党の地域政策について、ここから書いていこうって思います。

 

簡単にまとめるんで、詳しくは自分で確認してもらえると助かります。

 

ちなみに、順番は上に貼ったリンク先の上からです。

とくに他意っていうか、意図そのものがありませんので、あしからず。

私としては、まっとうな政権運営がされるなら、どこでもいいですし、誰でもいいです。

肩書きも名前も、政治家という機能さえしっかり果たしてくれるなら、何でも構いません。

 

そういう意味じゃ、最近色んなところで言われているように、AIの方がいいのかもしれないですけどね。

 

 

----pr----

より働きやすい環境を。
--------------

衆院選2017「自民党」の地方創生・地域活性化政策

 

 

・中小企業、小規模事業者の生産性支援

・農政新時代

・外国人旅行者4000万人を目指した地域資源掘り起こし、受入体制整備

・地方大学の魅力向上、若者の地方での就学、就業促進

政府関係機関、大企業の地方移転促進

 

地方にとって耳障りはいい内容なんですけど、現状、若者にしても、大企業にしても、地方に動かしたところで、個人や企業の競争力が落ちて、ひいては国力が落ちちゃうんで、いくら地方政策っていってもこれはあまりいい政策じゃないですね(笑)

 

実際、個人とか企業とかからしたら、よけいなことをするなってしか感じないでしょうから、これは多分良くて政策止まりでしょう。

 

衆院選2017「公明党」の地方創生・地域活性化政策

 

 

・地方経済を活性化

・中小企業バックアップ

農林水産業を成長産業化(内需拡大

・観光需要創出

・地方大学の活用

・雇用創出

 

自民公明政権って言われてるくらいなんで、基本的には自民党の意向に沿う感じに見えます。

おかげで、中身に今ちょっと具体性がなく、自民党次第なんだろうなーって印象ですね。

 

地方政策じゃないですけど、いまだに軽減税率の話をしていて、これでいまだに民衆をだませると思ってるのかって感じが強いです。

 

軽減税率って、事業者に負担出るのはもちろん、増税分いくらか費用で吹っ飛ぶんで、なんのための増税なのか?ってのがいまいち分からなくなります。

 

今回は増税分は社会保障にって話が元々出てたんで、軽減税率導入はちょっと浅はかですね。

 

----pr----

「質の良い休息を求めるあなたへ」
--------------

衆院選2017「希望の党」の地方創生・地域活性化政策

 

道州制の導入で、地方が自分たちで決めた行動をできるようにする

・農業補助金廃止、農家に直接付与

 

 

耳障りのいい言葉だけで中身がないって評判の希望の党

 

地方政策はかねてより言われていた道州制についてですね。

 

道州制は悪くないですし、望んでる地方も多いんですけど、たとえば東北みたいにポテンシャルがもともと低い地域は地域間競争になった瞬間ボロボロになっちゃうんで、地域活性化っていうよりは、国(希望の党)の方で面倒見たくないから放任しますって言っているようなものですね。

 

農業補助金廃止で、農家に直接払いってのは、票田として大きいって言われている農家の囲い込みを狙ってのものだと思うんですけど、一次産業は農家だけじゃないですし、直接払って、その分リターンが出るのか?リターンが出ない場合どうするのか?って感じで問題しか出ないことが見込まれます。

 

といっても希望の党は、もう色んなところで言われている通り、ただ票を取りたいがために公約を出しただけで、中身についてはろくすっぽ考えられてないって話なんで、その辺りも加味して見るのがいいと思います。

 

とくにひどいとされている内部留保っていう本来存在しない概念(現金がイメージされているけど、現実には完全に現金として残っているわけじゃない)に対する課税とかですね。

 

衆院選2017「日本維新の会」の地方創生・地域活性化政策

 

地方分権道州制

大阪都構想

・東京一極集中から多極型国家へ

・消費税の地方税化、地方共有税創設

 

大阪都構想にこだわっているあたり、地方議員と国会議員をごっちゃにしてる感じが未だにあるんですけど、それは党のアイデンティティなんだと思うんで、仕方ないんでしょう。

 

維新の場合、知っての通り、地方政策とは別ですけど、国会議員の定数削減とか民衆にとって良く感じられる政策が多いの特徴で、これ自体は今回だと希望も同じです。

 

ただ、知っての通り、維新はいい感じの公約を掲げるんですけど、それを実行に移せているかっていうと、かなり微妙で、やっぱりそういうところはしっかり見ないとまずいかなって思います。

 

政治家の皆さんは、国民にとって耳障りのいい言葉を言うことが仕事みたいに勘違いしている人が多いみたいなんですけど、実現しないものはただの言葉でしかなくって、それには何ら価値はないですし、言っちゃえば詐欺みたいなもんです。

 

なんだか軽はずみに公約を出してるんですけど、公約っていうのは商売でいえば契約みたいなもので、国民は、公約を実現するってことを条件に高い税金をその国会議員に与えることを許可しているようなもんなんです。

 

ところが、その公約ってのは、ほとんど実現されていないのが現実で、これはほとんど詐欺と変わりません。

 

維新に限った話じゃないですけど、どの政党を選ぶにしても、前の選挙で掲げられた公約と、実際にその政党の議員がしたこと、関わったこと、実現したものを調べて、比較評価するってことは大切でしょう。

 

ただ言うだけなら、その辺で歩いているおっさんであれ、保育園に通っている子供であれ、誰だってできるわけですからね(笑)

 

でも、その人達は、年間数千万円ものお金を税金からもらうようなことはしてません。

 

----pr----

[2CS] キリン アルカリイオンの水 PET (2L×6本)×2箱
--------------

衆院選2017「立憲民主党」の地方創生・地域活性化政策

 

・農業者個別所得補償制度の法制化

・資源管理による漁業の活性化

・森林の適切な管理と保全

・一括交付金の復活

・地域の公共交通を活性化

 

こう言っちゃうとあれですが、要するに民進党がまた改名したような感じの政党です。

「まっとうな政治を」っていうのは、国民の誰もが望んでいるものなんで、これを掲げているあたりは素晴らしいです。

 

ただ、希望の党のところでも書いた通り、なんで農業には所得補償で、漁業とか林業と分けるのかとか、地域の公共交通は活性化も何もそもそも存在が許されない状況になるほど、需要が乏しくなっているって現実を思えば、ちょっとズレた政策が目立つんですね。

 

とてもじゃないですけど、まっとうなの?ってものが並んでます。

 

もちろん、まっとうな政治が指しているのが、地方政策以外の政策って可能性も高いんですけど、地方政策だけみれば、どこか希望とかの二番煎じ感が否めないかなぁってのが正直なところ。

 

それと、交付金の復活ってあるんですけど、地方にお金をばらまいても成果が出ないっていうのは、今の安倍政権が証明しちゃってるんですよねー…。

 

衆院選2017「日本共産党」の地方創生・地域活性化政策

 

・中小企業全体を視野に入れた振興、支援

・農業を中心に農林漁業を柱とした地域振興

鉄道路線廃止に歯止め

 

地味に言ったことを実現しようと頑張ってることが評価されている日本共産党

 

ただ、今回の地方政策についてだけいうと、やっぱり微妙なものです。

中小企業が競争によって減ったことを問題視してるんですけど、今の日本の問題は、むしろ稼げない中小企業が多すぎることなんで、これはかなり今一っていうか、ここに税金を使うとしたら、国がヤバくなりそうなものです。

 

鉄路廃止もその通りで、廃止路線っていうのは、現実的に利用者があまりに少ないことが原因なわけです。

 

少数だから見捨てて良いって話じゃないのは当然なんですけど、少数のためだけに税金を使うのは国の判断として正しくないわけです。

 

っていうよりも、今の日本ってそんなに余裕がないのは知っての通りです。

 

今の世界の先進国の中で、トップクラスでヤバいのは日本なのは、ほとんど公然の事実です。

 

いつギリシャのようになってもおかしくない。

 

それをなんとかかんとか、外交とかこれまでの信用とかで支えている、けっこうギリギリな状況で、正直なところ、よけいなところにお金を使える状況にはまったくない。

 

そういった中、こういうポピュリズム先行の経済不活性策を打ち出すのは、たとえ選挙のためとはいっても、かなり微妙なとこがあるんですね。

 

それと、地方政策とは関係ないですけど、打倒安倍政権に偏りすぎです。

国民にとっては、まともな政策が展開されるなら、誰政権でもいいわけです。

安倍政権なんかにこだわってるわけじゃありません。

わざわざ打倒なんて打ち出さなくても、まじめに政治をやってくれればそれでいいんです。

 

そういう当たり前のことを見失って、私怨みたいな言葉を打ち出すのはさすがにちょっと大丈夫か?って話になります。

 

日本共産党は、他の政党と比べて有言実行を着実にしてきているだけに、こういうところでネガティブな印象を出していくのは、ちょっともったいなぁって感じです。

 

衆院選2017「社民党」の地方創生・地域活性化政策

 

農林水産業に直接所得補償

・公共交通を守る

・中小企業支援の充実

・自治体財政を拡充強化

 

こっちは、農業だけじゃなくて、林業水産業にも所得補償を打ち出してます。

具体的に色々書いているんですけど、ちょっと時代に逆行する方向性かなぁ…って感じです。

 

TPP反対を打ち出したいのは分かるんですけど、これって日本だけどうこうって話じゃなくて、正直なところ、一次産業はもはや世界に対して売りに出せないとやっていけないんで、反対したところで苦しくなるだけって話になりかねないわけです。

 

感情的に反対したくなるのは分かるんですけど、たとえば今や地域で商売していたところで、インターネットがある以上世界が競争相手になってしまうのと同じように、もう国産国消みたいなことは成り立たない。

 

そういう中で、鎖国めいた方法を取っていくっていうのは、ほとんど首に縄をかけて絞めていくようなものです。

 

そういう意味じゃ所得補償も長い目でみれば産業を破壊するだけになりかねなくて、けっこう危ないんじゃないかなぁ…って思わされます。

 

----pr----

仮想通貨取引するなら【QUOINEX】
--------------

衆院選2017「日本のこころ」の地方創生・地域活性化政策

 

地方に特化した政策っていうのは見当たらないですね。

被災地関係と消費関係はあるんですけど、特別に地方に対してってのはぱっと見た感じ見当たりません。

 

 

衆院選2017「幸福実現党」の地方創生・地域活性化政策

 

日本のこころ同様、特別地方に着目した政策は見当たりません

国民全体に影響があるような施策を中心にしているって意味では、国政本来の在り方って言えるかもしれませんけど(笑)

 

 

衆院選2017「新党大地」の地方創生・地域活性化政策

 

地方については、北海道にまつわる政策を出しています。

そうとしかいえないのがちょっとしんどいですね(笑)

 

どこに投票したところで恐らく何が変わるでもないが、それでも投票するだけで多少価値はある

 

今の日本の選挙って、どうしても消去法で選ぶのが基本になっちゃっているんで、どこに投票したらダメなのかをどう判断するかが肝かなって思います。

 

なんとなく批判的になったのは申し訳ないんですけど、実際のところ、褒めるのが難しい内容ってのが正直なとこです。

 

ただ、各政党一応真剣に考えた結果出されているものだとは思うんで、自分や自分が住んでいる地域っていうより、日本全体にとって、最も良いと感じた政党に投票するのがベストなのには変わりません。

 

日本は政治家のレベルがあまりに低すぎて、誰が当選したところで大して変わらないってのが現実ではあるんですけど、投票って行為によって出てくる数字には多少なりとも力が出るものなんで、ぜひいいと思ったところに投票しましょう。

ここまでの内容が何かしら役にたったら、シェアしてもらえると嬉しいです!

Twitterの方(https://twitter.com/408Fun)でも情報発信を強化していくつもりなんで、そちらのフォローもお願いします!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

----pr----

会社員ではお金持ちになれません!!

億万長者を20人以上

年収1000万円を200人以上

育てあげた

稼げる自分になれる「投資術」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
神リッチプロジェクト

 

「給料が増えない…」

「働いても働いてもお金にならない」

「負担ばかりが増えて首が回らなくなりそうだ」

「老後食べていける自信がない」

会社員でいるだけでは”搾取”されるだけです!!

人生のどん底から

投資で這い上がってきた

神王リョウだからこそ

伝えることのできる

 

究極の投資術です!

 

自身がまったくの無知・未経験から

這い上がってきた

勝ち上がるためのノウハウなので

 

「これから株を始めよう」

「将来のために資産を作っておきたい」

「今の仕事がいつどうなるかわからないから……」

「とにかくお金が欲しい」

 

こういった20代~60代の人の多くが

飛びつくように買い

自分で稼ぐ力を身につけていってます!

 

その実績は社会的にも評価されていて

誰もが知っているナインティナイン

彼らの番組に出るなど

テレビ出演オファーも殺到しているほどです!

 

近々締め切るという話もあるので

あなたが稼げるようになる

この数少ないチャンスを

絶対に逃さないでください!!!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

神リッチプロジェクト

 

----pr----

 


--------------