改革!地方創生地域活性化

家庭、地方やお金についての話題を中心に届けます

【衝撃的】子供が貧乏になるのは、親の●●が原因で、貧困世帯が理由じゃなかった?!

目次

----pr----

 


--------------

教育に関する議論は政府中心にも進められているが、自治体で塾代補助などの政策も検討されている

f:id:chihososei:20171015185008j:plain

出展

10月も半分が終わり、気温が下がっていることもあって、だんだんと冬が見え始めてきているんですけど、みなさん体調とかは大丈夫ですかね。

 

この時期は、誰にとっても体調が不安定になりやすいんで、気をつけたいところです。

 

で、今回ですけど、子供の教育についてです。

 

最近、政府の意向もあって、教育について様々な議論がされてます。

 

とくに目立つのが、貧困対策と合わせたものですね。

 

渋谷区がクラウドファンディングで挑戦する低所得世帯への塾代補助

 

これは、政府の案件じゃないですけど、

 

www.yomiuri.co.jp

 

渋谷区が、低所得者の家庭の子供が塾にいけるように、クーポン券を発行しようって試みが始められてようとしてます。

 

ふつうに考えて優先順位の高い教育に必要な予算を、自前で用意しないでクラウドファンディングに頼るのはおかしな話ですし、低所得世帯の問題ってそもそもこういった情報へのアクセスが弱い「情報収集」の弱さにあるわけで、疑問視されているところもあったりします。

 

何より、塾に通うってのは一過性のことですけど、高校に入ってからかかる費用は3年間分必要になるんで、どのみち低所得世帯にとっては、その問題がある限り、塾代を補助さても…って感じかもしれません。

 

ただ、これまで塾代ってものについては、どこか補助に対して積極的になることがなかった面もあるんで、そういう意味では素晴らしいことじゃないかなって思います。

 

といっても、今はスタディサプリ とか、低価格で優秀な学習ができるアプリケーションとかも多く出ているんで、わざわざ高額が必要になる塾に通わせる必要ってあるの?って問題もあるんですけどね(笑)

 

そんな子供の教育ですけど、いい学校に行かせるのは、だいたいいい会社に勤めたり、そうでなくてもあるていど生活に不自由しないくらいに稼げるようにしたりするためだと思うんですけど、子供をお金持ちにできるかどうかは、その世帯の収入じゃなくて、親に問題があるって話が出て、ほんの少しだけ話題になってます。

 

ということで、今回は、子供が将来お金持ちになれるかどうかを決める、親の重要さについてです。

----pr----

※勝率94.27%※

メールを受け取って取引すれば

誰でも稼げる可能性が手に入る

それも15日間無料!!

今すぐチェックしてください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
◇厳選銘柄配信15日間無料◇株投資情報のファーストクラス


【勝てない投資情報に騙される時代は終わりました】

投資業界の凄腕アナリスト集団が
本当に勝てる情報を厳選してお届け

 

・初心者、経験者関係
・定年退職者、リタイア組

どなたでも勝てる確率が
圧倒的に上昇するでしょう!

「今までの負けが嘘のように資産回復中です」
「まったくの初心者ですが稼いでます」
「先生の助言を信じてますので、これからもよろしくお願いします」

数々の高評価を受けている
実績ある稼げる情報です!

そんな情報が
15日間無料で手に入れられますので
ぜひこのチャンスを逃さないでください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◇厳選銘柄配信15日間無料◇株投資情報のファーストクラス

--------------

貧乏な家の子供がお金持ちになれない理由は、貧困世帯ではなく親の●●格差

www.mag2.com

 

 渋谷区の取り組みで、低所得世帯の塾代に焦点があたったのは、遠回しにいうと、低所得世帯に生まれた子供は、将来だいたい低所得になってしまうっていう低所得の連鎖を防ぐためって面が少なからずあります。

 

要するに、低所得世帯だと、高いレベルの教育環境が用意できないために、将来的に高所得者になれるための道が閉ざされてしまうって感じですね。

 

とくに今って学歴重視の社会なんで、この傾向は高まっていると見られてます。

 

そのせいで奨学金問題とかも出てるんですけど、こればかりはいい会社が学歴を重視せざるをえないんで仕方ない感じです。

 

もちろん、その辺の中小企業がもっとお金を払えるようになれば、それだけで解決する問題ともいえるんですけどね(笑)

 

大手企業に入るか、起業して成功するかでもしないと低所得から抜け出せないみたいな状況になっちゃっている現代は、ある意味不幸っていえます。

 

強いて誰かのせいにするなら、こればかりは、稼げない会社が多いせいです。

 

ふつうに考えると政府のせいとかになるんですけど、政策のもとになるお金のそもそもの発生源は、個々人の稼ぎですし、それをもたらすのはたいてい企業の給料です。

 

その給料が低い水準で止まっちゃっている以上、こればかりはどうしようもありません。

 

で、そういうこともあって、低所得世帯に生まれた子供は低所得のまま一生を過ごすことになるっている、ループがあるみたいな話になっていて、今の教育改革は、けっこうこの点を課題にしていたりします。

 

ただ、今回の記事で指摘されているのは、低所得世帯が子供を将来的に低所得にしているんじゃなくて、親の考え方や能力、教育姿勢とかに問題があるってところです。

 

なぜ貧乏な家の親は、子供を高所得者になれるように育てることができないのか?その原因とは

 

今回の記事で指摘されていることには、ぶっちゃけた話、かなり説得力があります。

 

少なくとも、低所得や貧困が親から子供に連鎖するといった神話めいた話よりもずっと真に迫って感じられます。

 

指摘されていることをまとめると、まず親が低所得の原因として、

 

・難しい課題に消極的

・新しい挑戦をしない

・困難に耐えようとしない

・逆境を乗り越えて目標を達成しようとしない

・勉強して能力を高めたり、成長したりしようとしない

 

こういう意欲の低さにあると指摘してます。

 

つまり、親が勉強することの価値を理解していないこと。

 

みなさんの中にも、ちょっとくらいは胸に刺さるものがあるんじゃないでしょうか?

 

それこそ、何か稼げそうな話があっても、自分がよく分かっていないがために「怪しい」「危なそう」と考えて、挑戦しようとしなかったり、勉強したところでそれがすぐお金になると思えず、勉強しようとすらしなかったり…こういう人がとくに所得の低い地方とか田舎とかだと多いんじゃないでしょうか?

 

事業をしている人でも、無料セミナーなら参加するけど、お金を使うとなると、とたんに色んな言い訳をして勉強しようとしない人が多いのは、まさに地方とか田舎とかの特徴と言えるでしょう。

 

地方とか田舎とかで、ビジネス系のセミナーが少なく、都市部だとそういった勉強会が多いのは、そこに原因があります。

 

地方とか田舎とかだと、そういったセミナーとか勉強会はお金にならないからと思われているわけですけど、それは裏を返せば、学習に対するやる気のある人が少ないからです。

 

今のビジネスは、それこそ1日単位ですら変化が起こるほど、異常に変化が速くなってます。

 

地方とか田舎とかが、いつまでたっても冴えないのは、そういった中でも学習をろくにしようとしないことにあるのは、もはや一定の事実でしょう。

 

都市部の経営者がしている努力の質や量と、地方とか田舎とかの経営者がしている努力では、質や量が丸っきり違うのはここにあるわけです。

 

これは何もお金を使えばいいって話じゃないです。

 

それくらい学習に対しても本気になれているかどうかって話です。

 

で、こういった、トップのやる気のなさが、家庭では親から子に対するものとして、貧困を作り出す原因になっているって話です。

 

----pr----

この度、株式会社エクステンドより経営者様に、
より身近に弊社サービスを感じていただくために
会員制エクステンド倶楽部をスタートいたしました。

会員様には以下のサービスが受けることが可能になります。

1.セミナー無料
 会場で行われる全国どこのセミナーも無料で参加いただけます。


2.オンライン視聴
 セミナー撮影動画とオンライン講座をPC・スマホ等で
 視聴することができます。


3.月刊エクステンド情報誌を郵送
 月刊エクステンドという名称での情報誌を毎月20日に発送します。

 

というサービスを月額たった1万円で利用できるサービスを
ご用意いたしました。

中小企業の経営支援コンテンツのご案内させていただきました。

誰にも相談できない悩みや、経営の方向性があっているのか
など、俯瞰できるコンテンツを多数揃えさせて頂いております。

●〇●ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー●〇●

【会員制経営支援】エクステンド倶楽部
 先行配信!月額1万円で充実3大サービスが利用できる
  「エクステンド倶楽部」の詳細・申込みはこちら
 ⇒ h経営支援の3大サービス【エクステンド倶楽部】

●〇●ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー●〇●

日ごろ、アドバイスをもらう税理士さんや士業・コンサルの
セカンドオピニオンとして活用しタイト検討している方に!

興味があるセミナーがあったが日程調整がつかず行けなかったり、
再度あのセミナーの内容が知りたいという方に!

最新の補助金助成金情報を欲しいがピンポイントでの
告知が欲しいという方に!

じっくりと内容をPC画面ではなく、紙でじっくりと
読みたいという方に!

誰にも相談できない悩みを解決した経営者やコンサルに
匿名で相談できる環境が欲しい方に!

と様々なニーズに柔軟に対応する事が可能なサービスが
エクステンド倶楽部です。

●〇●ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー●〇●

    【会員制経営支援】エクステンド倶楽部
 先行配信!月額1万円で充実10大サービスが利用できる
  「エクステンド倶楽部」の詳細・申込みはこちら
 ⇒ h経営支援の3大サービス【エクステンド倶楽部】

●〇●ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー●〇●

ぜひ、1度紹介ページをご覧いただき、
あなたにあったサービス内容かどうかをご確認ください。


エクステンド倶楽部」の詳細・申込みはこちら
⇒ h経営支援の3大サービス【エクステンド倶楽部】


--------------

高所得者の親に見られる子供をお金持ちにできる思考

 

今回紹介した記事では、高所得の親の思考と行動が紹介されてます。

 

・学習に積極的

・難しい課題への挑戦

スキルアップのための日々の努力

 

こういったものが特徴としてあげられ、だからこそ高所得になっているといています。

 

そして、そういう親の姿勢があるからこそ、親自体が子供にその大切さを説くことができ、子供がそれを見習って高所得への扉が開かれるって話ですね。

 

低所得世帯では、さっき書いたように、親にやる気がないため、親が何を言ったところで子供に対して説得力がなく、結果的に子供もその親の姿勢をなぞって低所得が連鎖するって感じです。

 

子供を貧困にさせているのは、親の怠慢と貧困な思考

 

結局のところ、子供を将来的に貧困にさせているのは、親の貧困になるための思考や行動ということです。

 

つまり、お金がないことが、子供をお金持ちにさせられないんじゃなくて、お金を稼げない人特有の考え方や行動の怠慢を見せてしまう親の存在が、子供をどこまでも貧乏にしかさせられなくしてしまっているってこと。

 

親の所得格差が原因ではなく、親の思考格差が、貧困の連鎖を作り出している。

 

こういう話ですね。

 

中には、そんなことはありえないと思う人もいるかもしれませんが、たとえば自分の身に立ち返って、自分の上司が貧困な親の特徴を持った、やる気もなければ行動も勉強もしない人間だったと考えればどうでしょうか。

 

そんな上司に、勉強しろ、挑戦しろ、努力しろ、稼げと言われて、みなさんはやる気になるでしょうか?

 

ならないですよね?

 

子供は周囲の影響を大きく受けて育つものです。

 

そして、大半の子供にとって、最も身近な存在は親であり、親からの影響を最も受けやすい。

 

そういった中で、その親が勉強も挑戦も行動もしなかったとしたら、子供だってそういったことに価値を持てないでしょう。

 

それでいて、その家庭がお金に不自由する家庭だったとしたら、子供はなおさら努力ということを避けるようになるはずです

 

だって、努力の先にある希望が身近な大人である親から感じられないのですから。

----pr----

稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方
--------------

貧困な親が子供をお金持ちにできない理由は、家庭だけじゃなく地方や田舎全体にもいえる

 

今回は、家庭における子供への教育の観点で書いたんですけど、これはたとえば地域とかでもそうです。

 

地方とか田舎とかは安倍政権で驚くほど税金が使われているにもかかわらず、未だに大きな成果をあげることができていません。

 

衰退する一方です。

 

そういう中で、若い人が都市部に出て行く、労働力が確保できないといったことを騒ぐ人たちもいるんですけど、果たしてそれは都市部のせいでしょうか?

 

ここまでの内容を読めば、その理由もなんとなく分かるんじゃないでしょうか?

 

つまり、勉強して、挑戦して、積極的に稼いでいこうとする姿勢が、経営者とかそれ以外の大人たちとかからまったく感じられないからです。

 

そして、見返りもなく、当然希望も描けません。

 

あたかも都市部が悪いかのように言われる昨今ですけど、誰がどう考えたって、原因は地方とか田舎とかのやる気のなさ、未来に対する投資のなさ、学習、挑戦の少なさにあります。

 

地方とか田舎とかは、ここまで書いたような貧困世帯と似た構図になっていて、だからこそ、若い人たちは、努力している人が多くて、挑戦している人も多くて、頑張れば見返りがちゃんとあることが分かって、未来も希望も感じる都市部に行くんです。

 

怠けるばかりでいずれ消えてなくなりそうな、希望の感じられない地域にいたところで、自分がダメになるだけだと分かっているからこその判断なんです。

----pr----

プレミアムな転職をサポート|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】
--------------

地域も家庭も、大切な子供の将来を考えるのであればしなければいけないことがある

 

家庭も地域も、結局のところ、未来のためにすべきは、しっかりと勉強や挑戦といった将来に対する投資をしていくことです。

 

それには、やっぱり「出費思考」から抜け出して「投資思考」を身につけて、お金を使うなら、自分の将来に役立つ使い方をしていく、こういう考え方を変えていく必要もあるでしょう。

 

そして、何より、「情報収集」「学習」「投資」「挑戦」といった、今の時代に必要とされる最低限の努力をした方がいい。

 

動かなければ、置いていかれ、朽ち果てるだけ。

 

私たちは、そのことを本当に理解すべきなのです。

 

今回は、子供の教育についてテーマにしたんですけど、もしみなさんに今子供がいるんだったら、やっぱり子供の将来のために、今すぐにでも自分自身が勉強、挑戦、努力についての考え方を改めて、真剣に取り組まないとならないと考える必要があります。

 

そうしなければ、不幸になるのは、あなたではなく、あなたの子供なんです。

 

ただ、もし、子供を不幸にしたいんだったら、何もしなくていいと思いますけどね。

 

ここまでの内容が何かしら役にたったら、シェアしてもらえると嬉しいです!

Twitterの方(https://twitter.com/408Fun)でも情報発信を強化していくつもりなんで、そちらのフォローもお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

----pr----

少し勉強するだけであなたも大金持ち!?

億万長者を20人以上

年収1000万円を200人以上

育てあげた

稼げる自分になれる「投資術」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
神リッチプロジェクト

 

「給料が増えない…」

「働いても働いてもお金にならない」

「負担ばかりが増えて首が回らなくなりそうだ」

「老後食べていける自信がない」

会社員でいるだけでは”搾取”されるだけです!!

人生のどん底から

投資で這い上がってきた

神王リョウだからこそ

伝えることのできる

 

究極の投資術です!

 

自身がまったくの無知・未経験から

這い上がってきた

勝ち上がるためのノウハウなので

 

「これから株を始めよう」

「将来のために資産を作っておきたい」

「今の仕事がいつどうなるかわからないから……」

「とにかくお金が欲しい」

 

こういった20代~60代の人の多くが

飛びつくように買い

自分で稼ぐ力を身につけていってます!

 

その実績は社会的にも評価されていて

誰もが知っているナインティナイン

彼らの番組に出るなど

テレビ出演オファーも殺到しているほどです!

 

近々締め切るという話もあるので

あなたが稼げるようになる

この数少ないチャンスを

絶対に逃さないでください!!!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

神リッチプロジェクト

----pr----

 


--------------