改革!地方創生地域活性化

地方創生・地域活性化・飲食業界・ブラック企業・稼ぎ方・儲け方とかについて書いてきます

柴咲コウがBASEで始めたECショップが地方を救う?!高齢化・買い物弱者問題が見せる地方創生・地域活性化成功方法 

----pr----

 


--------------

柴咲コウがBASEで始めたECショップが地方を救う?!高齢化・買い物弱者問題が見せる地方創生・地域活性化成功方法

f:id:chihososei:20171007195950j:plain

出展

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は選挙一色って感じですけど、このブログはいつも通り、飲食店とか地方とか労働問題とかそういうことについて書いてきますね(笑)

 

今回は、社会問題にもなっている「買い物弱者」についての話です。

 

東京とかも他人事じゃない問題なんですけど、やっぱり地方とか田舎とかの方が問題になりやすいんで、そっちを中心に取り上げていくって感じになります。

 

これって、高齢者だけの問題に思われやすいんですけど、誰だっていつ体が不自由になるか分からないですし、何かしら人の役に立ちたいって人にとっては、多少何かしらできることがあるって話でもあると思うんで、ぜひ読んでみてください。

 

----pr----

会社員ではお金持ちになれません!!

億万長者を20人以上

年収1000万円を200人以上

育てあげた

稼げる自分になれる「投資術」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
神リッチプロジェクト

 

「給料が増えない…」

「働いても働いてもお金にならない」

「負担ばかりが増えて首が回らなくなりそうだ」

「老後食べていける自信がない」

会社員でいるだけでは”搾取”されるだけです!!

人生のどん底から

投資で這い上がってきた

神王リョウだからこそ

伝えることのできる

 

究極の投資術です!

 

自身がまったくの無知・未経験から

這い上がってきた

勝ち上がるためのノウハウなので

 

「これから株を始めよう」

「将来のために資産を作っておきたい」

「今の仕事がいつどうなるかわからないから……」

「とにかくお金が欲しい」

 

こういった20代~60代の人の多くが

飛びつくように買い

自分で稼ぐ力を身につけていってます!

 

その実績は社会的にも評価されていて

誰もが知っているナインティナイン

彼らの番組に出るなど

テレビ出演オファーも殺到しているほどです!

 

近々締め切るという話もあるので

あなたが稼げるようになる

この数少ないチャンスを

絶対に逃さないでください!!!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

神リッチプロジェクト

 

--------------

地方で急増する「買い物弱者」を救うために増える「新たな見守りサービス」

 

 

blogos.com

 

地方にショッピングモールの進出がけっこう前から増えていて、それなりに必要ともされているんですけど、その一方で小規模な店舗が減って、車で移動できない人にとっては買い物が不自由になりつつあるって感じの話ですね。

 

これもやっぱりちょっとだけ見方を変えた方がいいかなって感じで、どこを変えた方がいいかっていうと、郊外型の大型ショッピングモールによって、従来の小規模な店舗が衰退したってとこですね。

 

強力なライバルにお客さんを取られて、活気を失ったって意味ではその通りかもしれないんですけど、これまで何度も書いてる通り、単純に魅力がないから衰退しただけなんですね。

 

だから、別に大型ショッピングモールが全面的に悪いわけじゃないんです。

 

ここを見誤ってる人が地方とか田舎とかには多くて、ちょっと変なところだけ自意識過剰だなぁーって思っちゃいます。

 

大型ショッピングモールの登場で小売店が衰退?それって本当なの?

 

前提として、誰もが知っての通り、今ってわざわざお店に買い物に行くこと自体が面倒な時代なわけです。

 

だから、大型ショッピングモールがどれだけ品揃えがあったところで、ECサイトには勝ち目がないですし、ECサイト以上の魅力を打ち出さないと、大型であるがゆえに維持していくのがしんどい。

 

なんだかこういう話題になると、大企業の資本力に中小企業が負けたみたいな感情的な反応を示す人が多いんですけど、今の時代はそんなに単純な話じゃなくて、大企業でさえも必死に努力しないと簡単にヤバい状態になるんです。

 

百貨店の景気の悪さがいい例でしょう。

 

広く知られてる通り、かなりヤバいことになってます。

 

だからこそ、郊外型の大型ショッピングモールが原因で従来の小売店とか小規模事業所がマズくなったってよりは、単純に営業努力が全然足らないから、当然のように経営がヤバくなっているってだけの話です。

 

遅かれ早かれヤバくなっていたのが、大型ショッピングモールの登場でいくらか早まったに過ぎません。

 

ていうか、大型ショッピングモールの影響で小さなお店がヤバくなるなら、東京なんて駅が大型ショッピングモールめいているんですから、小さなお店なんて軒並み消えちゃっているでしょう。

 

現実はどうですか?

 

そんなことはないですよね。

儲かるところはしっかりと儲けて、バカ高い維持費を払いながらも利益を出し続けている。

結局、それが現実なんです。

 

 

----pr----

この度、株式会社エクステンドより経営者様に、
より身近に弊社サービスを感じていただくために
会員制エクステンド倶楽部をスタートいたしました。

会員様には以下のサービスが受けることが可能になります。

1.セミナー無料
 会場で行われる全国どこのセミナーも無料で参加いただけます。


2.オンライン視聴
 セミナー撮影動画とオンライン講座をPC・スマホ等で
 視聴することができます。


3.月刊エクステンド情報誌を郵送
 月刊エクステンドという名称での情報誌を毎月20日に発送します。

?

というサービスを月額たった1万円で利用できるサービスを
ご用意いたしました。

中小企業の経営支援コンテンツのご案内させていただきました。

誰にも相談できない悩みや、経営の方向性があっているのか
など、俯瞰できるコンテンツを多数揃えさせて頂いております。

?

●〇●ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー●〇●

【会員制経営支援】エクステンド倶楽部
 先行配信!月額1万円で充実3大サービスが利用できる
  「エクステンド倶楽部」の詳細・申込みはこちら
 ⇒ h経営支援の3大サービス【エクステンド倶楽部】

●〇●ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー●〇●

日ごろ、アドバイスをもらう税理士さんや士業・コンサルの
セカンドオピニオンとして活用しタイト検討している方に!

興味があるセミナーがあったが日程調整がつかず行けなかったり、
再度あのセミナーの内容が知りたいという方に!

最新の補助金助成金情報を欲しいがピンポイントでの
告知が欲しいという方に!

じっくりと内容をPC画面ではなく、紙でじっくりと
読みたいという方に!

誰にも相談できない悩みを解決した経営者やコンサルに
匿名で相談できる環境が欲しい方に!

と様々なニーズに柔軟に対応する事が可能なサービスが
エクステンド倶楽部です。

●〇●ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー●〇●

    【会員制経営支援】エクステンド倶楽部
 先行配信!月額1万円で充実10大サービスが利用できる
  「エクステンド倶楽部」の詳細・申込みはこちら
 ⇒ h経営支援の3大サービス【エクステンド倶楽部】

●〇●ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー●〇●

ぜひ、1度紹介ページをご覧いただき、
あなたにあったサービス内容かどうかをご確認ください。


エクステンド倶楽部」の詳細・申込みはこちら
⇒ h経営支援の3大サービス【エクステンド倶楽部】


--------------

大型ショッピングモールの登場で増える地方に住む高齢者のある問題とは何か

 

で、地方とか田舎とかの話に戻るんですけど、大型ショッピングモールの登場で、従来の小売店が衰退し、その影響で高齢者とかいわゆる交通弱者の買い物が難しくなっているそうです。

 

真面目に言っちゃうと、この文章って需要と供給が無視されていて、なんだかなーな感じなんですけど、とりあえず現実問題として、車とか公共交通機関とかで移動することが難しい高齢者の買い物弱者が増えているってのは間違いないらしいです。

 

そういう中で、需要が伸びてきているものがあるってのが、今回の本旨ですね。

 

買い物弱者が増える中で注目されているビジネスとは何か?

 

いわゆる買い物弱者が増えている中で、

 

・移動販売

デビットカード

 

この2つの需要が伸びてるそうです。

 

買い物弱者を救う移動販売!そして見守りサービス

 

まず、移動販売なんですけど、これはそのままですね。

 

スーパーとかコンビニとかが、買い物に出られない高齢者とかのために、移動販売者を使ったビジネスを増やしているそうです。

 

これには2つの社会的意義があって

 

・交通弱者の救済

・見守り

 

つまり、高齢者に生活必需品と届けられるとともに、高齢者の安否確認ができるってことなんですね。

 

今、地方とか田舎とか関係なく、高齢者の問題として、もともと独身だった人とか配偶者を亡くして独居状態になった人の孤独死っていうか孤立死が問題になっていて、それを防ぐのに一役かう見守りサービスが注目を浴びていたりします。

 

ただ、この見守りサービスって、もちろん営利企業も提供しているんですけど、基本的には地域の社会福祉協議会とかNPOとかが委託事業としてやっていることが多くて、税金が使われちゃってるんですね。

 

その理由は、早い話お金にならないからで、最近だと日本郵便が見守り事業をやろうとして、結局撤退したのが分かりやすくその状況を示してます。

 

といっても、日本郵便がやるなら、多分けっこういいビジネスにできたはずなんで、これはこれで日本郵便の見立ての悪さが光ったって話なんですけど。

 

とはいえ、それだけビジネスとしてやるのが難しいものではあるんです。

 

けど、これが移動販売のついでで行われるなら、ある程度そのお金にならない部分が解消されるんで、そういう意味もあって、わりと「移動販売+見守り」ってのが注目されているって感じです。

 

自治体としても、あんまりお金を出してられないんで、今のペースで進めば、いずれ社会福祉協議会とかNPOとかへの委託じゃなくて、買い物弱者支援まで包括した見守り支援への事業委託に変えるんじゃないかなって未来もちょっとずつ見えてきてます。

 

これは、企業側の交渉力とか体力次第なところもあるんですけどね(笑)

 

買い物弱者問題の解決方法の助けになっている「デビットカード

 

で、もう一つ注目されているのが、「デビットカード」ですね。

 

いわゆるクレジットカードとの違いは、ざっくり簡単に言えば、支払いのタイミングが買い物した時点か後になるかです。

 

詳しくは「三菱東京UFJ-VISAデビット」を見て欲しいんですけど、クレジットカードの問題として、支払うタイミングが後になるんで、ある程度使った金額を把握しておかないと、支払えなくなるってことが発生するんですね。

 

とくに最近はどこもネット上で明細を確認するタイプが多くて、高齢者とかあまりネットを使えない人からすると、金額の把握が難しい。

 

けど、デビットカードなら預金から即時出金されるんで、使いすぎることがないですし、ほとんど現金を持っているのと同じ感覚で使える。

 

買い物弱者の多くは、銀行とかATMとかまで行くことも難しいんで、お金をわざわざ下ろしにいかなくても、それを財布みたく使えるようにできるデビットカードが割と使われるようになっている。

 

こういう話みたいです。

 

クレジットカードでいいじゃんって感じなんですけど、やっぱり明細が確認できない状態で使うことに対する不安ってそれなりに誰でもあるもので、そういう不安を含めて、デビットカードが選ばれているって感じのようですね。

 

----pr----

カードを作るなら信頼と実績のUCFで!ネットスーパーも安くなるかも!
--------------

高齢者・買い物弱者問題がある中、地方の会社はどのようにビジネスを作っていくべきか

 

さて、ここまでは地方とか田舎とかの高齢者とかいわゆる買い物弱者の現状について見てきたんですけど、逆の立場からすればどう考えればいいかってのを見ていこうと思います。

 

つまり、商品やサービスを提供する側、ビジネスや支援を提供する側についてですね。

 

柴咲コウさんで話題のBASEに地方創生・地域活性化を成功させる事例やヒントが詰まっている!

 

まず、やっぱり考えたいのは「EC(通販)サイト」を作ることです。

WEBサイト、ホームページを作れないって人でも、今はわりと簡単に作れるサービスがありますし、FacebookとかTwitterとかメルカリ、LINEとかを利用してもいいでしょう。

 

たとえば、無料で使えるサービスのBASEを使えば、びっくりするほど簡単にクレジットカード対応のECサイトをどんな素人でも作ることができます。

 

最近だと、女優の柴咲コウさんが使ってることでも話題になりました。

 

 

しかも、地方で見つけた産品を売るっていう、自分の知名度を活かしながら地域活性化に一役買う、かなりうまいやり方なんですね。

 

これは、間違いなく今の地方とか田舎に足りないやり方、考え方でしょう。

 

完全に外注したいって人なら、

 

・売上アップを目指すなら楽天市場へのお申込みはこちら

ショップサーブ

グーペ

 

といったサービスを利用することも考えられます。

 

どうしたところで、今後はインターネットで買い物をする人が増えていくのは目に見えているんで、やっぱりお客さんに選択肢を与えるって意味でも、通販サイトを作っておくことは必要でしょう。

 

作れば儲かるってわかじゃないですけど、作らないと儲からないのはもう目に見えてます。

 

今後は、スマホが普及しつつあることもあって、間違いなく高齢者もインターネットを利用していくことが見込まれるんで、今のうちに作っておかないと、結局インターネット上でも大手にお客さんを取られるってことになるでしょう。

 

ビジネスとしてやっていくことが難しい「見守り」!だからこそ小さな会社にも勝機がある!

 

次に見守りなんですけど、これはぶっちゃけた話、ビジネスとしてやっていくのはかなり難しい。

 

基本的な考え方としては、何かのついでに見守りサービスもつけるって形になるでしょう。

 

それ自体はものすごく簡単です。

 

とくに外回りのあるビジネスをしているなら、そのついでに見守りもしますよって言うだけでできることです。

 

ただ、一つ勘違いして欲しくないのは、それだけだと結局ただただ時間を浪費していることにしかならないってことです。

 

たとえば、自分一人でビジネスをしていて、そのついでにやるならそれはもう自分の裁量で思う存分やればいいって話になるんですけど、従業員を使ってやるなら、それだけ従業員に負担をかけて、1円にもならない仕事に対して給料を払わないとならないってことです。

 

どんなについででやることでも、従業員からすれば労働時間の中でやる仕事なんで、それに対する給料をちゃんと払わないとならない。

 

でも、その行動に対しては売上が立ってないんで、どこかの稼ぎを削ることになってしまう。

 

それを補填させるために時間外労働をさせたり、休日出勤をさせたりすれば、本人にとっても不満の種になりますし、会社にとっても重荷にしかならないわけです。

 

その上、人間ってどんなに善意で提供されてることでも、それが日常になってしまうと欲張りになるんで、多分負担はどんどん増していく。

 

見守り自体は気軽に参入できるんですけど、そこまで見据えてやらないと地獄を見ることになっちゃうんですね。

 

だから、やるんであれば、確実に営業につなげる形でやらないといけません。

 

たとえば、家電量販店と組んでスマホタブレットの使い方を教えつつ、自社のECサイトへ促すとか、家の補修や設備の改修につなげるとか、単純に何かしらの営業と組み合わせたり、定期的に販売するサービスと組ませたり、そういったビジネスモデルを組んでいく必要があるでしょう。

 

逆を言えば、今後見守り自体の需要は高まる一方なんで、ここを上手く使ってビジネスができれば、小回りの利かない大手企業に勝てる分野にできる可能性もあるわけです。

 

ところが、それを単なる慈善事業にしちゃっている地方とか田舎とかがあるので、こればかりは行政に掛け合ってそれを止めさせるか、いっそ事業委託を受けるかして、見守りはただではできないってことを世間に訴えていく必要もあるでしょう。

 

そうしていかないと、結局交渉力で上回る大手企業に丸ごと取られてしまうことになるんです。

 

実際、見守りについては、もうセブン-イレブン・ジャパンとかイオンとかが着々と手を伸ばしつつあります。

 

投資はもちろんとして、ビジネスも結局は早い者勝ちなんで、この辺りは今かなり際どいラインでしょう。

 

----pr----

世界の地方創生: 辺境のスタートアップたち
--------------

地方創生・地域活性化のために一人一人が「稼ぐ」「儲ける」ことにチャレンジしていこう!!

 

とくに社会福祉法人とかNPOとかに多いんですけど、稼ぐとか儲けるとかに過剰反応するところがあります。

 

それ自体は、ものによっては正しい向きもあるんですけど、それが生むのはぶっちゃけただの貧困です。

 

守ろうとして、よけいに人を苦しませることにしかなってません。

 

結局のところ、サービスが提供される上で、きっちりと対価はもらわないとならない。

 

それは、見守りだって同じです。

 

気軽にできるみたいに言ったところでちょっとあれなんですけど、見守りっていうのは、人の命を守る重要な役割を担うことでもあります。

 

それを無料で行うっていうのは、現実問題として、けっこう無責任な話でもあるわけです。

 

見方によっては人の弱みにつけこんで金儲けなんてふうに見えるのかもしれないんですけど、そもそもビジネスっていうのは人の困り事の解消や問題解決をお金にするものです。

 

誰かの不便を解消することに対して、「人の弱みにつけこんで…」なんていう人はさすがにちょっと潔癖が過ぎるでしょう。

 

極端な話、誰もが野菜を自分で育てられないから、農家が作って、それを売るわけですけど、それを「野菜を作れない人の弱みにつけこんで…」なんて言いますか?

 

もし言うなら、悪いことは言わないので、病院に行った方がいい。

 

そんな言い分はいくらなんでも常軌を逸していますし、もはや被害妄想の域を超えてます。

 

世の中ってのは、持ちつ持たれつ、誰かの不便を誰かが解消して、その対価が支払われる形で成り立っているんです。

 

だから、もう少し自分で稼ぐということを考えましょうってこのブログで伝えているんです。

 

一人一人が稼ぐことを考えれば、それだけ世の中が上手く回るようになるんです。

もし自分が稼げないなら、それこそ投資とかをして、代わりに企業とかが稼げるようにしてあげればいい。

 

それだって持ちつ持たれつなわけです。

 

稼ぐとか、儲けるとかをなんだか悪いことのように考える人が多いんですけど、一人一人が稼いだり、儲けたりしないと、世の中はむしろどんどん悪くなっていく。

 

これをとくに地方とか田舎とかはもっと考えるべきなんです。

ここまでの内容が何かしら役にたったら、シェアしてもらえると嬉しいです!

Twitterの方(https://twitter.com/408Fun)でも情報発信を強化していくつもりなんで、そちらのフォローもお願いします!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

----pr----

会社員ではお金持ちになれません!!

億万長者を20人以上

年収1000万円を200人以上

育てあげた

稼げる自分になれる「投資術」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
神リッチプロジェクト

 

「給料が増えない…」

「働いても働いてもお金にならない」

「負担ばかりが増えて首が回らなくなりそうだ」

「老後食べていける自信がない」

会社員でいるだけでは”搾取”されるだけです!!

人生のどん底から

投資で這い上がってきた

神王リョウだからこそ

伝えることのできる

 

究極の投資術です!

 

自身がまったくの無知・未経験から

這い上がってきた

勝ち上がるためのノウハウなので

 

「これから株を始めよう」

「将来のために資産を作っておきたい」

「今の仕事がいつどうなるかわからないから……」

「とにかくお金が欲しい」

 

こういった20代~60代の人の多くが

飛びつくように買い

自分で稼ぐ力を身につけていってます!

 

その実績は社会的にも評価されていて

誰もが知っているナインティナイン

彼らの番組に出るなど

テレビ出演オファーも殺到しているほどです!

 

近々締め切るという話もあるので

あなたが稼げるようになる

この数少ないチャンスを

絶対に逃さないでください!!!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

神リッチプロジェクト

 

----pr----

 


--------------