改革!地方創生地域活性化

家庭、地方やお金についての話題を中心に届けます

食中毒で死亡者が発生!ニュースになった今だからこそ知っておきたい「食中毒予防・対策の方法とその三原則」

----pr----
 
--------------

食中毒で死亡者が発生!ニュースになった今だからこそ知っておきたい「食中毒予防・対策の方法とその三原則」

f:id:chihososei:20170913233030j:plain

出典

このエントリーをはてなブックマークに追加

だんだんと秋っぽくなってきた最近ですけど、なんだかニュースを見てみると食中毒とかインフルエンザとか、季節的に目立つのがちょっと不思議な話題が目に入るんですね。

 

ってことで、今回は食中毒についてです。

どれだけ時代が変わっても、毎年死亡者が絶えない危険なものなので、改めて知っておくにはいいと思うんで、ぜひ読んでみてください。

 

----pr----

日給500万円

「そんなのあり得ない!!」

きっとあなたはそう思うかもしれません

けど、実は実際に稼いでいる人がいるとすれば

あなたはどう思うでしょうか?

 

 

どんなビジネスでも

どこよりも早く手を出せば

それなりのお金が稼げるものです。


Black AI・ストラテジー FX - ブラストFX -?」は

 

最先端のAIを使うことで

時代の先をいく技術の力で

多くの金額を稼がせることを

実現しました!

 

日給500万円を達成した人も

実は本人の力ではなく

AIの力によって

 

ありえない金額を

ありえない簡単さで

稼ぐことに成功したのです。

 

ビジネスは早い者勝ちです

 

新しい技術や

見ず知らずのツールには

誰もが「怪しい」「危険だ」と

思う物ですが

 

もしあなたが大金を稼ぎたいなら

そのリスクに今こそ飛び込んで

莫大な利益を手にするべきだと

思わないでしょうか?

 

日給500万円を達成した

AIに裏打ちされた実績あるツールは

たった3万9800円です

 

莫大なお金と自由を手にするために

たった4万円に満たないお金を投資できる

あなたの挑戦を待っています。

 

----pr----

口座開設キャンペーン!【最大20,000円キャッシュバック】

◆◇DMM FXは国内口座数第1位!!!◇◆

ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書 2017年1月末時点。)

詳しくはコチラから

--------------

ニュースになっている食中毒を起こしたのはゼンショーグループの「フレッシュコーポレーション

 

www.nikkei.com

 

死亡者が出たっていうのは、今日の話題なんですけど、実は同じ系列のお店で少し前に集団食中毒を出していたのが話題になってます。

 

mainichi.jp

 

これですね。

ちなみに、この一件で渦中にあるのが、「でりしゃす」という総菜店を運営している「フレッシュコーポレーション

www.fujitaweb.com

 

群馬県の会社なんですけど、実は「すき家」「ヴィクトリー」とかでおなじみの「 ゼンショーホールディングス」のグループ会社です。

そうはいっても、グループ会社の不祥事でしかないって扱いなのか、とくにゼンショーのホームページ上では、この件についてのお知らせは出てないんですね。

 

惣菜だからといって食中毒にならないと油断するのはマズイ

 

で、この件が目立ったのは、ポテトサラダからO157が検出されたって報じられたことです。

 

実際問題、食中毒ってけっこう頻繁に話題になっていて、この件以外にもニュースになっている会社ってあるんですけど、そんなに目立ってないんですね。

 

事実、埼玉県の「串天さいか」ってお店とか、秋田県の「秋田ごはん工場」とかも食中毒を出してニュースになってます。

 

もちろん、O157がそれだけ危険ってことでもあるんですけど、やっぱり今までなんとなく大丈夫だと思ってたポテトサラダとか惣菜から検出されたって報道されたのが話題性として大きかったからだと思うんですよね。

 

実際、みなさんの中にもなんとなーく「惣菜なら大丈夫だろう」とか「惣菜で食中毒になるなんて思ってもみなかった」とか、そんな感じの人って少なくないんじゃないですかね。

 

けど、現実にそれでO157が検出されて、3歳の女の子が死亡してしまった。

 

これは、かなり今後色んな方面に影響が出ると思うんですね。

 

O157の対策としては、75度以上の熱を1分以上加え続けるとか、塩素を使って殺菌するとかが必要なんですけど、どんな惣菜にもこれができるか?っていうとけっこう微妙ですからね。

 

ところが、この件って続きがあって

 

www.yomiuri.co.jp

 

ポテトサラダからO157が検出されなかったって話が出ているもんだから、さらに事態が錯綜しちゃってるんですね。

 

見解としては、惣菜をわけるトングが原因だったんじゃないか?

トングの使い回しで、惣菜のいずれかで発生したO157が拡散されたんじゃないか?

 

こういう見方が出てます。

 

これって、ポテトサラダからO157が出たって報道とはまた話が違ってくるんですけど、むしろより一層危険度が上がってるわけです。

 

つまり、スーパーの惣菜全てに危険性があるんじゃないか?

こう考えられてしまう。

 

多分、どこのスーパーでもこの対策がされていくと思うんですけど、消費者側からすると、惣菜を買うにあたって、とくに元々パック分けされていないようなものに対しては、不安が募る日々が続きそうです。

 

----pr----
 
--------------

厚労省が掲げる「食中毒予防の三原則」から「食毒の予防と対策方法」を学ぶ

 

 

ところで、食中毒なんですけど、今じゃなんだから珍しいものでもなくなったせいか、割と油断しているってことないですか?

 

今回の死亡のニュースを見て、ヒヤっとしたって人も案外多いんじゃないかとも思います。

 

ってことで、ここからは食中毒について、ちょっとだけ情報を見ていこうかって思います。

 

www.mhlw.go.jp

 

参考にするのは、とりあえず厚労省のホームページです。

 

ここでは、「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」ってことで、食中毒の予防法が書かれてます。

 

食中毒のニュースに怯えないために知っておきたい「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」

 

「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」を簡単に書き出しますね。

 

【食品の購入】

・生鮮食品は新鮮な物を買う

・消費期限とかをしっかり確認する

・買ったら、肉汁とか魚から出る水分とかがもれないように注意する

・冷蔵とか冷凍とかが必要なものは、なるべく最後に買って、すぐに家に持ち帰って保管する

 

【家庭での保存】

・持ち帰ったものはすぐに適切な保管方法で保管する

・冷蔵庫、冷凍庫の保管環境は、つねに詰めすぎず余裕を持たせる

・冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下の状態にする

・肉とか魚とかの保存は、汁とか水分とかが漏れないように容器とかを使って保管

・肉とか魚とかを扱うときには手指消毒を忘れない

・水回りの近くで食品を保存するときは水漏れに注意

【下準備】

・台所の環境を常に整えておく。清潔なタオル、せっけんとかの準備は怠らない。

・井戸水を使うときには水質に注意

・手洗いをしっかりとする

・生肉、魚、卵を扱うたびに手洗いをする

・肉汁とか魚の水分が、野菜とか果物とか生で食べるものにかからないように注意

・生肉とか魚とかを調理した包丁、まな板をそのまま使って、野菜とか果物とか生で食べるものの調理はしない

・包装された野菜とかカット野菜とかもちゃんと洗ってから食べる

・凍結した食品を調理台の上で放置するような解凍方法はしない

・解凍は料理に使う分だけ

・包丁とかまな板とか、付近、たわし、スポンジは、使った後すぐに洗う

【調理】

・台所が汚れていないか注意する

・加熱が必要な食品は、しっかりと加熱する

・調理を中断して放置しない

・電子レンジを使うときは、専用のものを使う

【食事】

・食べる前には手を洗う

・清潔な手、器具、食器を使う

・温かい料理は65℃以上、冷やして食べる料理は10℃以下で食べる

・調理前、調理後の食品を室温で長く放置しない

【残った食品】

・残った食品を扱うときも事前にしっかり手を洗う

・残った食品は早く冷やせるように小分けして保存する

・時間があまりにも経ったものは捨てる

・残った食品を温めなおすときは75℃以上を目安にしてしっかり加熱する

・少しでも怪しいものは捨てる

 

ちょっと多いですけど、「食中毒菌を”つけない””ふやさない””ころす”」の三原則をもとに考えられたこれらのポイントは、自分の安全のためにもしっかりと覚えておきたいとこですね。

 

----pr----

1本で『洗濯・食器洗い・浴室掃除・野菜&果物の洗浄』の4役!赤ちゃんとママのための万能洗剤
--------------

厚労省のサイトでは食中毒の種類とその対策がまとめられている

 

この他、厚労省のサイトには、「食中毒の原因と対応」ってことで、「細菌」「ウイルス」「動物性自然毒」「植物性自然毒」「化学物質」「寄生虫」「その他」の7種類について、いざというときの必要な対応が書かれてるんで、これも時間があるときに確認するといいと思います。

 

O157は「腸管出血性大腸菌」!その対策は…?

 

たとえば、今回問題になったO157ですけど、これはちょっとわかりにくいかもしれないんですけど「細菌」の項目の「腸管出血性大腸菌」に書かれてるんですね。

 

主に対策とかQ&Aが書かれてて、対策としては「生肉を避ける」ってことが書かれてます。

 

これだと、「あれ?じゃあなんでポテトサラダでO157が検出されたの?」って思うかもしれないんですけど、「ハム」も生肉なんですね。

 

言われてみれば「ああそっか」って思うかもしれないんですけど、ハムも食中毒の原因になるってことは、改めて覚えておいた方がいいかもしれないです。

 

必要以上に怖がるのもどうかって話なんですけど、現実問題今回の件みたく死亡者も出ているんで、そういう恐れもある程度には知っておいた方がいい。

 

「食」って誰にとっても必要なものだからこそ、誰にとっても「命の危険と隣り合わせ」ってことは、けっこう忘れられがちなんですけど、起こってしまってからだと手遅れになることもあるんで、常日頃から気をつけておきたいんですね。

 

今回は、いつもと違って稼ぐとか地方とかとは全然関係ない話になったんですけど、稼ぐにしても命がないとどうにもならないんで、こういう基本的なところは常に知っておかないとまずいなって思って取り上げてみました。

 

ここまでの内容が何かしら役にたったら、シェアしてもらえると嬉しいです!

Twitterの方(https://twitter.com/408Fun)でも情報発信を強化していくつもりなんで、そちらのフォローもお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

----pr----

知って防ごう食中毒―家庭や学校で役立つ、食中毒の知識と予防法 (写真を見ながら学べるビジュアル版 新 体と健康シリーズ)
--------------