改革!地方創生地域活性化

地方創生・地域活性化・飲食業界・ブラック企業・稼ぎ方・儲け方とかについて書いてきます

平均年収500万円以上に!飲食業界はブラック企業から脱却して人手不足を解消できるか?!

 

 

しつこい口臭にオーガニックのスプレータイプ【ルブレン】

 

 

平均年収500万円以上に!飲食業界はブラック企業から脱却して人手不足を解消できるか?!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

人手不足って言葉をめちゃくちゃよく見るようになったんですけど、みなさん的に人手不足って感じてますか?

 

ふつう、新しい事業始めるとか、今やってることがめちゃくちゃ儲かるみたいにならないと、人手って足りなくなるなんてことはそうそうないんで、人手不足が社会的に広がると、将来的な期待値とか利益を人材投資に回すようになるんで、ぐんぐん給料が伸びるもんなんですけど、今の世の中って給料全然増えてないんですね。

 

ってことは、人手不足ってのは勘違いか、経営者がちゃんとした事業運営できてないってことにしかならなくて、現実としてはそのせいで人手不足になっているように感じているだけなんですね。

 

もちろん、不景気だって言っても、それは給料の安さからくる人々の財布事情が不景気なだけで、企業景気って回復傾向にあるんで、ちゃんとした経営ができているところは、景気は良くなってきているんで、当然のように儲かっている。

 

そういうとこって、人手じゃなくて、人材の確保にしっかり”投資”するんで、支払って当然の金額をしっかり提示して、人を確保するから、そういうところに人が取られてるってことはあるんですけどね。

 

取られてるっていうか、優秀な人間にダメな会社が捨てられてるっていうのが正しいんですけど。

 

で、飲食業界ってのは、

 

・給料が安い

・休みが少ない

・労働時間も長い

 

ってな感じで、ほとんどブラック化していて、まともな人なら入らなくなっちゃってるんですね。

これだけ並べると、地方の会社みたいですけど、地方の中小企業に人が入らないのも同じ理由です。

 

だから、簡単に言えば、こういうところを見直すだけでも、いくらか状況って改善するんですけど、地方の中小企業には優秀な経営者どころかまともな経営者がいないんで、これすら改善されていないわけです。

 

東京に人が流れてるっていうか、まともな人間ならまともな会社でまともな給料をもらって、人間らしい生活をするのが当たり前のことなんで、ただその通りに普通の人生を生きようとすれば、東京に行くのが自然だってだけの話です。

 

この辺りを考えられない人が多いのが、今の日本の致命的にダメなとこですね。

 

ところで、こういった状況の中で、飲食業界もいくらか状況の打開をしようとしているんですね。

ということで、今回は、人手不足に対する飲食業界の動きについてです。

 

----広告----

 


↓↓転職して給料増やすなら人手不足の今がチャンス!!↓↓

あなたの『やる気』が最大の武器。未経験から正社員へ!

実績93,000人。書類選考なしの就職相談カウンター【就職Shop】

 

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TKWUT+EUNJ9U+3TBW+5YZ77


--------------

 

人手不足から抜け出そうと飲食業界も策を練る

 

外食、苦肉の省力調理 求人倍率3倍、確保難航 「築地銀だこ」やグルメ杵屋 くるくる、トントン、実演見せたいが…

 

上場小売・外食業の平均給与500万円超 16年度、民間調べ

 

簡単にまとめると

 

人手不足をカバーするために機械化したり、給与を上げたりしてるって話です。

 

どっちも大手企業だからできることだって思うかもしれないんですけど、それは間違いですね。

 

とくに給料なんかは、大手企業の方が簡単にあげられません。

抱えてる社員数の規模が違うんで、1000円あげるのだって一苦労です。

だいいち、上場している企業なんかは、株主が黙ってないんですね。

 

ただでさえ外食産業がどこもかしこも不振だって言われてる中で、固定費である人件費を増やすってのは、かなり厳しい。

 

そういった中で、給料を増やすことに力を入れてるんですから、これはかなり真剣に問題を解決しようとしているって見ることができるんですね。

 

ただ、それでも平均給与500万円っていうのは、まだまだ低いわけです。

 

そして、だからこそ、どこもまだ人手不足の解消、人材確保にめどがついてるって言えないんですね。

 

そんな中で、進められてるのが、デジタル活用ですね。

 

つまり、とにかく業務を効率化させようって動きです。

 

これについては、これまでも言った通り、今は無料とか安価で利用できるサービスが多いんで、それを以下に活用して、コストを増やさず、働き手の負担を減らして、賃金アップをより実感してもらうかってのが、どの会社にとっても焦点になってます。

 

たとえば

 

鳥貴族の『BtoBプラットフォーム』活用事例を公開

 

この記事では、受発注システムの改善で、業務効率化が行われたことが書かれてますし、このブログでも似たような話題は何度も書いてます。

 

これまで、飲食業界って規模のビジネスって言われていて、とにかくがむしゃらに働けばいいみたいなところがあったんですけど、さすがに今みたいな状況になると、それじゃダメだってなってきたんですね。

 

集客一つとっても、マーケティングに広報、リサーチ、メディア戦略などなどあらゆる知識や技術を駆使しないとならなくなりましたし、人手不足のおかげで、業務自体の効率化とか省力化とかも考えないとならなくなった。

 

そういったときに、重要なのって

 

・何か使えるものはないか?

・問題を解決する方法はないか?

・同業他社はどういったことをしているか?

 

やっぱりこういう情報に敏感になっておくことですし、その情報を有効的に活用できるように日頃から勉強して自分の能力を高めていくことなんです。

 

もちろん、ツールとか知見のある人に頼るようなショートカットをしてもいいわけですけど。

 

多分、今の状況って今後も暫く悪化していくばっかだと思うんで…

 

今雇われてる人は、今よりいい条件の会社はないか? 転職エージェントと話してみたり、求人サイトで情報を集めてみたりして、今の自分の状況を客観的に知って、自分のために一番いい道を探すのが大切です。

 

で、逆に今人を雇う側の人は、待遇改善、経営の見直し、情報収集、新しいこと・今まで使っていなかったツール活用とか未知へのチャレンジが大切です。

 

この先、今まで以上に時代の移り変わりが激しくなっていくんで、できるだけ新しい情報、新しいツール、新しいものに触れていかないと、気付いたときにはにっちもさっちもいかなくなってるってのは、当たり前になってくると思います。

 

ここまでの内容がちょっとでも何か役に立ったら、シェアしてもらえると嬉しいです。

 

Twitterこちら)でも今後どんどん情報を出していく予定なんで、ぜひフォローしてみてください!

 

----広告----

 

1日3分、たったの1週間で

あなたが今、苦手だと思ってる

あらゆることを得意にできるようになるとしたら?

 

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

 

企業のコンサルタントとしても活躍し

日経などにも取り上げられた実績をもつ

 

東京大学付属医院の医師が

 

あなたがこれまで使えていなかった

脳の力を開花させることで

 

あなたの能力を飛躍的に伸ばす

 

最高の教材を開発しました。

 

これによって

「たった1ヶ月半で日常英語をマスターできた」

「年商300万円まで借金まみれの会社を復活させられた」

「社内でグランプリを取れるほどビジネススキルがアップした」

 

様々な効果を体験した

喜びの声が寄せられてます。

 

「効果が出なかったら、私を警察に突き出してください」

 

そう豪語する森田先生ですが

この教材は、それだけの自信作であり

現実に結果を出しています。

 

あなたもぜひこの教材で

あなたの本当の力を引き出して

本来出せるはずの結果を出しましょう!

 

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

 


--------------