改革!地方創生地域活性化

地方創生・地域活性化・飲食業界・ブラック企業・稼ぎ方・儲け方とかについて書いてきます

【政府調査】今、飲食業が儲からないのは本当か?

 

 

調理求人ドットコム

 

このブログで、これまで

 

・居酒屋とか飲食店とかの景気が悪い

・地方とか田舎とかは投資がまるでできてない

 

こういった話をしてきたんですけど、今回はそれを踏まえて、日本政府が毎年やっている調査を見ながら、今って実際のところどうなっているの?ってところを見ていこうと思います。

----広告----

 

まだアプリを持っていないんですか?

 

誰もがスマホでお店を探す時代

アプリがあるかどうかが集客に大きな差をつけます。

 

アプリを作る技術がない

アプリの使い方が分からない

 

そう感じるかもしれませんが

そんな心配はいりません

 

すべて私どもがご用意します

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

商売繁盛アプリ SHAPPS「集客に強いスマホアプリ」開発・運営システム

 

クーポンカードも

ポイントカードも

 

もういりません

 

お客さんに不便をかけることも

もう必要ないんです

 

アプリさえあれば

アプリのない会社に大きな差をつけることができます

 

お客さんも次から次にやってきます。

 

ぜひ14日間の無料体験で

アプリのあるビジネスライフを体験してみてください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

商売繁盛アプリ SHAPPS「集客に強いスマホアプリ」開発・運営システム


======

 

売れない! 儲からない! 個人の小売り、宿泊、飲食が伸び悩み

 

「売れない、儲からない」

 

なんて言葉が見出しになっていて、やっぱり小売とか宿泊とか飲食ってヤバいのか……って思ってしまうんですけど、

 

個人企業経済調査(動向編) 平成29年1~3月期結果(速報)

 

個人企業経済調査(動向編) 平成29年1~3月期結果(確報)及び平成28年度結果

 

この記事の元になっている、総務省が出した報告を読むと、記事がただ煽ってるだけで、実態はそんなでもないことが分かります。

 

こういう手口は、朝日新聞とかその系列のWebメディア(ハフィントンポストとかwithnewsとかAERAとか)とか、毎日新聞産経新聞……大手新聞社からWebメディアから色んなところがやっているので、注意が必要です。

 

煽るだけならまだマシなんですけど、中身がほとんど真逆なデマみたいな情報も平気で出してくるので、昨今は新聞にしてもテレビにしてもメディにしても、どれもこれも真に受けられません。

 

で、実際の調査結果はどうかっていうと、

業況判断では…

 

・「製 造 業」 : (-) 61.3

※前期に比べ, 7.5 ポイントの悪化。

・「卸売業,小売業」 : (-) 63.6

※前期に比べ, 1.0 ポイントの悪化。

・「宿泊業,飲食サービス業」: (-) 59.8

※前期に比べ, 0.6 ポイントの改善。

・「サ ー ビ ス 業」: (-) 65.8

※前期に比べ, 2.5 ポイントの悪化。

 

少なくとも、宿泊業と飲食業に関しては、改善したって言っている”個人事業主”がちょっと多かったようです。

 

ただ、売上高と営業利益を見ると、この記事が言うところの売れない、儲からないってのはその通りで、

   

売上高

 

・「製 造 業」 : 2,328,000円

※前期に比べ, 1.5 ポイントのプラス。

・「卸売業,小売業」 :3,320,000円

※前期に比べ, 6.9 ポイントのマイナス。

・「宿泊業,飲食サービス業」:2,014,000円

※前期に比べ, 10.6 ポイントのマイナス。

・「サ ー ビ ス 業」: 1,131,000円

※前期に比べ, 0.3 ポイントのマイナス。

 

営業利益

 

・「製 造 業」 : 605,000円

※前期に比べ, 11.7 ポイントのマイナス。

・「卸売業,小売業」 :287,000円

※前期に比べ, 18.7 ポイントのマイナス。

・「宿泊業,飲食サービス業」:372,000円

※前期に比べ, 11.0 ポイントのマイナス。

・「サ ー ビ ス 業」: 377,000円

※前期に比べ, 0.5 ポイントのマイナス。

 

製造業の売上がプラスになっている以外は全部マイナスになってます。

ただ、記事中で投資も弱いって書かれてるんですけど、製造業の場合は、売上に対して、投資が先行している可能性が高いので、営業利益のマイナスはなんとも言いにくいものがあるんですね。

 

とくに、今ってIoTとかAIとか、製造業はとにかく投資していかないことには先がない状態になっているんで、売上がプラスになっているのに対して営業利益がマイナスっていうのは、稼ぎが足りないからとは言いにくいわけです。

 

サービス業のマイナス幅が低いのがけっこう意外に見えるかもしれないんですけど、これは派遣とか広告とか今急成長している業種が入ってるからです。

 

個人事業レベルなので、大手ほど爆発的な成長をしているわけじゃないんですけど、それでもよっぽど経営力がないんじゃなければ、この業種は今伸びに伸びる優良業種なわけです。

 

こういったのを除けば、サービス業も大分悪いのは目に見えます。

 

で、小売り、飲食がまちがいなく不景気って感じなんですけど、何度も書いてる通り、稼げているところは稼げているわけです。

 

ただ、そういったところって、色々と投資したり挑戦している大手だったりで、個人事業レベルだと、やっぱりそういった先行する投資とか挑戦が足りていない。

 

もともと稼ぎが少なければ、そんなお金も出ないって思うかもしれないんですけど、このブログで何度も書いている通り、今は無料のサービスだったり、そんなにお金がかからないサービスで、たいていのことができます。

 

やるかやらないか、その違いでしかありません。

 

大手だって、何も金にものを言わせて投資をしているわけじゃないんですね。

っていうより、大手の中でも上場しているようなところは、そんなにお金が使えないわけです。

 

そういった中で、より効果が出るような投資や兆戦を大手はしているんですね。

 

そして、そういったものの中には、個人事業レベルでも使えるものはかなり多い。

 

大手と個人事業では確かにビジネスの仕方は違ってくるんですけど、稼ぐってことについては、ぶっちゃけそういったものの情報を集められているか、学習できているか、試せているか、こういうレベルの違いでしかなかったりするんです。

 

なので、もっと稼げるようにするために、情報を集め、学習をし、挑戦をしましょうって話を何度も何度もしているんですね。

 

もちろん、何も本業だけで稼ぐ必要もないので、副収入を得るための方法を探すのでもいいと思いますし、いっそ店ごと売って、それを元手に新しい道を探してもいいかもしれません。

 

必要なのは、お金を稼ぐためにどうすれば?

 

これを考えることなんです。

 

----広告----

 

95%の飲食店が知らない

 

読むだけで

 

お客さんの動きをコントロールできるようになり

お店をたちまち繁盛させるマーケティング

 

脳科学心理 飲食店マーケティング

 

・販促しているのにお客さんが増えない

・今やっていることが売上につながるか不安

・毎日努力しているのにぜんぜん報われない

 

こんな悩みを抱えている経営者は

全国にとても多い

 

しかし、そんな悩みも今日で終わります!

 

数々の書籍を出し

その多くをヒットさせ

悩める飲食店の売上を増やしてきた

 

河野氏

 

どんな人でも

読めばすぐに使える

 

集客に必須のマーケティング方法を伝授します

 

これを使えば

これまであなたの経営をダメにしてきた

説明不足の経営戦略が

一転してもうかる経営戦略に変わることでしょう

 

あなたは貧乏店主から稼げる店主へと変われます

 

今がチャンスです!

 

あなたのお店を稼げるお店に変える

とっておきのマーケティング

ぜひこの機会に身に付けましょう!

 

脳科学心理 飲食店マーケティング

 


--------------