改革!地方創生地域活性化

家庭、地方やお金についての話題を中心に届けます

こんな会社はすぐに辞めろ!AI時代を前に、今の地方や田舎の会社に未来はない?!

 

デジタルシフトなんて言われていたのももはや昔と言わんばかりに、今やAIが注目の的になっています。

というより、AIの活用が企業の課題になっています。

 

地方とか田舎とかの企業だと、未だにデジタルシフトすらまるで進んでいない中、時代はもう次の段階に入っているんですね。

 

これって、これまで以上に地方とか田舎とかの企業が稼げなくなるのはもちろん、それ以上にヤバいのが、働く人たちにとって、AIの活用ができていないような会社で働くのが、かなり危なくなることです。

 

いざというときに転職なんてできなくなりますし、ますます地方とか田舎とかで働くとキャリアがダメになっていくようになるんですね。

 

この勢いはまず間違いなく止まらないので、働く人にとってはいつまでも時代遅れな地方とか田舎とかの企業を捨てる決断が急務になってきますし、会社側は会社側で、それ食い止めるために、デジタルシフトはもちろん、AIの活用もどんどん進めていかないと「やる気もないのに、なんで会社やってるの?」レベルの状態になってしまいます。

 

それくらいヤバい状況になっていることを、地方とか田舎とかの経営者はそろそろ理解して、いかに自分だダメな経営者かを自覚して、どんどん貪欲に情報を集めて、勉強して、挑戦していかないと、かなりマズいです。

 

それができないなら、不幸な従業員を作らないために、もう会社を畳んだ方がいいって話です。

 

ダメな人は消えていく、資本経済っていうのは、そういうものなんですから。

 

ということで、今回は飲食店のAI活用の話です。

----広告----

 

今、全国の中小企業経営者が

一人で多くの悩みを抱えながら

前に進むことができずにいます

 

そんな中小企業経営者の苦痛を取り除くため

私共はネット会員を募りサポートを提供しています。

 

 

ネット顧問正会員コース

 

実務で培われた「人事」「労務」「マーケティング

これらの力で

あなたの会社が抱える問題

 

あなたの会社を苦境に陥れている

見えていない問題を

 

ズバリと解決して見せます。

 

経費のスリム化

税金対策

雇用に関する課題等

 

ふつうならば何社にも頼まなければ

専門的な支援が受けられない

複数の課題に対して

 

実務経験からの視点と

士業からの視点の

二つの視点で、あなたの経営を強力にサポート

 

これから中小企業にとっては

暗黒期ともいえる

不透明な時代がやってきます

 

大きな変化が求められ

大企業とも戦うことが必要になる

 

そんな最悪な時代が来ることを考え

 

売上・利益計画を立案

具体的な予算・数字目標を作り

ビジョンや経営方針を明確にし

売上、利益等の目標を数値化

 

目標を具体的に設定することで、

企業の進むべき方向とやるべき事を示します

 

今、多くの中小企業経営者が

来るべき暗黒時代を前に

多くの悩みを抱えています

 

私共は、そんな中小企業経営者に寄り添い

未来のための経営をサポートすべく

親身かつ具体的な支援を提供します。

 

 

ネット顧問正会員コース


--------------

 

AI活用で宿泊・飲食業界の利益は7割増に、16業界で2番目の親和性、企業収益へのインパクトを試算したレポート公開 -アクセンチュア

 

なんと、AIの活用によって大きな利益を得られる職種の二番手が宿泊・飲食業界だという驚きの話題です。

 

その効果はかなりのもので、実に利益が7割増えるっていう試算が出ているそうです。

 

しかも、その試算をしたのが、世界的に有名なテクノロジー・コンサル会社のアクセンチュアってことで、世界的にこの話題が取りざたされています。

 

この結果が驚かれたのは、AIによって利益が7割も増えるということよりも、これまでAIがそれほど活躍できないと考えられていた労働集約型の仕事でもそれだけの効果が出ると試算されたことです。

 

つまり、人手が足りないって叫ばれやすい仕事でも、AIがとても活躍するってことが分かったということですね。

 

ちょっと考える力の足りない人とかふだん情報収集を怠けている人、経営能力の欠けた人とかすると、人が動かないと稼げない仕事で、なんで人工知能でしかないAIが活躍するんだって思うかもしれません。

 

これこそ、とんだ間違いです。

 

そもそも、これまで何度も書いたように、今の時代、いいものを作ったところで売れません。

 

たとえば飲食店なら、どんなにいい料理を作れるお店でも、それだけじゃ売れないんです。

 

今の時代のビジネスで最も大切なのはマーケティングや経営力であって、プロダクトではないんです。

どんなにいいものを作ろうと、どんなにいい料理を出そうと、お客さんが知ってくれなければ、まったく価値がありません。

   

どんなに高い技術も、まったくのゼロと一緒なんです。

 

そして、このマーケティングと経営において、AIは人間の頭脳を遥かにしのぎます。

人間の頭では処理しきれないデータを高速で処理できますし、感情なんて一切入れず、適切な経営分析をし、適切な経営のやり方を導きます。

 

人の管理も同じです。

 

どんな時間にどれだけの労働力を投入して、どんな報酬設計をすればいいのか、いとも簡単に弾き出せるのがAIなんです。

 

そして、これらは、既存のデジタルサービスでもある程度高い次元で行えますが、地方とか田舎とかの会社はそれすらできてません。

 

良くて、Excelで満足している程度ではないでしょうか?

 

一体何十年前の常識ですか?という話なんです。

今ではまるで使い物になりません。

 

それこそFreee(参考・広告:無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」)なら、無料からそのほとんどの処理を自動的にやってくれます。

 

それにもかかわらず、いまだに何十時間も使って、事務員にこういった作業をさせているとしたら、人件費の無駄はもちろん、人材の使い方もてんでできていないって話です。

 

従業員の労務管理だって、スマートHR(参考・広告:社会保険・雇用保険の手続きを自動化するクラウド労務ソフト)を使えば、やはり無料である程度自動化できます。

 

こういったデジタルシフトすらできていないのが地方とか田舎とかの中小企業で、それでいて稼げない、利益が出ない、人が集まらないと言っているのですから、このような最低限やるべきことをやっている会社からすれば、お笑いでしかないわけです。

 

もし、みなさんが雇われている立場で、こういった最低限のデジタルシフトすらできていない会社に勤めているとすれば、そんな会社は今すぐにでも辞めて、都市部に転職すべきでしょう。

 

そんな会社に未来はありません。

 

時間が無駄になるだけですし、みなさんの大切な未来がどんどん暗くなっていきます。

ダメな会社で働くってことは、自分をどんどんダメにしていくことに外ならないんです。

 

幸い、今は都市部でも採用熱は高まっていてリクルートキャリア(参考・広告:リクルートのお仕事紹介カウンター)とかの大手もどんどん好条件の求人を出し続けてます。

 

転職するならまさに今が最高の時期でしょう。

 

地方とか田舎とかがなぜ衰退したのか?

 

これは、色んなところで言われ始めてますけど、その理由はその地域の会社がてんで話にならない経営レベルだからです。

 

やることもろくにやっていない、使うべきものも使っていない。

稼ぐ気がまるでなく、いつまでたっても経営って名前のままごとばかりし続けているから、地方とか田舎とかはどんどん衰退していったんです。

 

これは、今もまったく変わってません。

こんな怠け者がはびこっている限り、地方とか田舎とかには未来はないでしょう。

 

だからこそ、経営者こそ情報収集や勉強や兆戦をしていかないとダメなんです。

 

デジタルシフト、AI…

どんどん新しいものが出て、どんどん世の中は進んでいってます。

 

昨日ちょっと書きましたけど、AIの活用は、株式投資とかFXとかにも使われてます。

膨大な情報を処理できるAIにとって、これらはとても相性がいいので当然の動きです。

 

あなたもただ待っているだけで10万円以上が手に入ります。ぜひ嘘かどうかその目で確認してみてください。【PR】

 

人は、どんどん、何もしなくても稼げるようになっていくでしょう。

 

そんな中、地方とか田舎とかの会社は、いつまで時代遅れの使い物にならないことをやり続けて、自滅し続けるのか。

倒産か、地方崩壊か、このままではどちらが先にくるかって話にしかならないでしょう。

  

 

↓おすすめの無料情報源です↓

 

ダイヤモンド・オンライン

 

畑岡メルマガ

 

日経ビジネスDigital

----広告----

 

集客に悩む経営者の為のホームページ戦略セミナー【マックスライン】