改革!地方創生地域活性化

地方創生・地域活性化・飲食業界・ブラック企業・稼ぎ方・儲け方とかについて書いてきます

知ってますか?今”出会い”を生んでいる居酒屋の正体とは?

 

今回は、居酒屋ネタでも少し変わり種っていうか、話題っていえば話題の「出会い」に関する話です。

相席バーってのが少し前に流行ったり、問題になったり、悲喜こもごもあったわけですけど、それとはまた違った形で注目されている居酒屋の形があるっている記事ですね。

 

===Sponsored link===

!!勉強するなら今しかない!!

ブーストコミュニケーション(たった3ステップで瞬時に好感度をアップしいとも簡単に狙った女性とアフターをともにする鉄板トーク術)


======

 

出会いの場は合コンより「横丁系」居酒屋がアツい!

 

釜石市では畳むことになったんですけど、横丁系の居酒屋が出会いの場として人気になっているらしいんですね。

 

ポイントとしては

 

・壁とかパーティションでくぎられていない

・席と席の間が狭い

・メニューが安め

 

こういうところらしいですね。

 

なんで出会いの場として人気になっているかっていうと、

 

・同性同士のグループが近くの席になると会話が発生しやすい

・店自体に活気があるので、会話しやすい

 

こういう理由が考えられていて、その後別の店に一緒に行くみたいなこともあるようです。

そうなってくると、そういう機会が多いって評判みたいなのが循環している感じですね。

なんだかんだ言って、出会いを求めている人はそれなりにいますし、Pairs(参考:ペアーズ)とかMatchbook(参考・広告:最高のマッチングサービスMatchbook)みたいなマッチングアプリも人気です。

 

婚活アプリも人気で、マリッシュ(参考・広告:無料の出会いは(マリッシュ)いいねから始まる恋婚/R18)とか、エン婚活(参考・広告:結婚相談所並みのサービスを婚活サイト価格で提供します。)とか婚活系のサービスも根強い人気があるわけです。

※マッチングサービス、婚活サービスは、原則18歳以上でなければ利用できません。

   

実際にそういう人たちがいるってだけで、皆が皆そうじゃないですし、地方とか田舎とかだと遊ぶ時間もなければ遊ぶお金もないんで、恋愛よりも自由な時間を過ごしたいみたいな人も多いのは間違いないですけど、世間で話題になるほど消極的ってわけじゃないんですね。

 

そういう意味じゃ、居酒屋も不景気でお客さんが入るにこしたことはないですし、お客さんも楽しめるっていうのはwinwinで、こういう楽しみ方は増えていくんじゃないかって思います。

 

ただ、これが話題になっているのは、あくまで、働き方改革がちゃんとされて休みが増えて、給料もそれなりにもらっていて、年収400万がけっこう普通な東京の話なんで、地方とか田舎とかで同じ現象が起きるかっていうと、会社側が変わらないとどうにもならないと思います。

 

やっぱり、地方とか田舎とかに必要なのは、何よりもお金と時間なんで、その辺りは間違えないようにしたいんですね。

 

なので、最低限、情報収集や勉強をして、まずは稼ぐってことをまともなレベルにしないと何も良くならないと思います。

ちょっとやるだけでもぜんぜん変わってくるので、少しずつでもチャレンジしてみるといいと思います。