改革!地方創生地域活性化

地方創生・地域活性化・飲食業界・ブラック企業・稼ぎ方・儲け方とかについて書いてきます

小さなビジネスでも、商品を”売る”ために必要なたった一つの言葉

----広告※今なら在庫あり※----


↓↓稼ぐなら今から?!↓↓

今より高く売る! 小さな会社のブランドづくり


--------------

久しぶりの朝更新ですね。

できるだけ更新したんですけど、最近は休日関係なく仕事に関係することをしないとならなかったりでどうにもこうにも時間が使えないのが厄介です。

今回は、「売る」ということについてですね。

商売で「何にしましょう?」は禁句

物が売れないとか、お客さんが来ないって悩みをとくに地方とか田舎の小さな店は持っていると思うんですね。

前にちょっと書いたんですけど、今の時代って今までのような商売をしていたらお客さんは増やせないし、商品も売れないんですね。

インターネットで買い物した方が、物は多いし、それに安いので、普通の店で買う方が損するわけですから当然のことなんです。

まだ田舎はインターネットで買い物をするって人が、そんなに多くないので、どうにかこうにかお客さんがきているかもしれないんですけど、それももうあとどれくらいもつか分からないところです。

生鮮食品も今ではどんどんインターネットの方が充実させてきているので、スーパーとかもけっこう危ない。

ただ、スーパーの場合は、コンビニの方が脅威なので、インターネットどころの話じゃないんですけどね。

じゃあ、そんな中で、普通の小さな店が稼ぐにはどうすればいいか、そのヒントがこの記事には書かれているんです。

単純な話、おすすめしましょうって話なんですけどね。

けど、よくよく考えて、じゃあそれがちゃんとできてるかっていうと、できていないんじゃないかと思うんですよ。

たとえば、居酒屋よりもヤバい状況になっている本屋。

全然おすすめなんてできてないですよね。

まるでただの倉庫みたいになっている。

実は、売れている本屋ってちゃんとあって、そういうところはテクノロジーを使った販売促進をしているか、しっかりとしたおすすめをしてもうけているんですね。

店員がちゃんと本のことを分かって、お客さんが欲しがるような本をしっかりとおすすめできているんです。

このおすすめも今じゃインターネットがどんどん精度を高めて、その力を高めているので、ただおすすめできるだけだと、やっぱり長くはもたないわけですけど、今はまだ間に合うわけです。

そして、お客さんを掴めていけば、その後いろいろと新しい挑戦とか商売の拡大とかができるようになりますし、お金が増えればちゃんとした給料を払っていい人材を確保して、デジタルとかテクノロジーの活用もできるようになるわけです。

そういった意味でも情報収集とか勉強は必要なんですね。

だって、今どんな商品があって、どういうふうにおすすめすればいいかは、情報を集めないと分からないですし、勉強しないとお客さんに価値のある情報なんて提供できないんです。

自分には長い経験があるから、おすすめくらいできるみたいなことを、とくに年配の経営者とかは思いがちなんですけど、そんなのは今の時代には何の役にも立ちません。

ほとんどそういうのは思い込みとか勘違いと変わらないんです。

技術は古びないなかもしれないんですけど、お客さんに求められるものっていうのは、時代と一緒にどんどん変わっていくんです。

そして、その変化に対応できていないから、今もうかっていないんです。

なので、今の時代において、自分は知識も持っている情報も、能力も足りないってことをしっかり自覚して、ゼロから真剣に情報を集めて、勉強する必要があるんです。

それさえすれば、それこそ長年の経験も何かしらの形で役立てることができるようになるんですね。

情報を集め、勉強して、昔のように稼げるようになるのか。

今のままデキない自分を過信して、稼げないまま店を潰すか。

選ぶのはあなた自身です。

やれば稼げるようになるのに、やらない人が多いから、店や会社はちっぽけなまま潰れてしまうんです。

----広告※今なら在庫あり※----


↓↓稼ぐなら今から?!↓↓

【全額返金保証付き】あなたの商品をたくさん売って、豊かで幸せな人生を送るたった一つの方法


--------------



↓こちらもゼヒよろしくお願いします↓

◆ブログ以外のアカウント
Twitter
Facebook
Facebookページ